Rakuten infoseek

辞書

金剛力士【こんごうりきし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

金剛力士
こんごうりきし
外敵を払い,仏法を守護する神。二王仁王),執金剛神,金剛神などともいう。寺院の門,須弥壇の左右に安置され,手に金剛杵を持ち,忿怒相に表現される(→忿怒形)。開口像を阿形(あぎょう),閉口像を吽形(うんぎょう)という。2体の金剛力士を金剛像と力士像,または密迹力士像(みっしゃくりきしぞう)と金剛力士像に分ける説(二王〈仁王〉)があるが,元来金剛力士を区別することはできない。現存の遺品では持ち物として金剛杵をとるもの,金剛杵をとらず五指を開いているものがある。最古のものとしては奈良県桜井市の長谷寺にある銅板法華説相図(国宝)の像がある。ほかにそれぞれ国宝に指定されている,奈良市の東大寺法華堂(三月堂)にある乾漆金剛力士立像(奈良時代。→天平彫刻),同寺南大門の運慶快慶らの手による木造金剛力士立像(鎌倉時代)などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こんごう‐りきし〔コンガウ‐〕【金剛力士】
《〈梵〉Vajra-pāṇiの訳》金剛杵(しょ)を持って法を守護する神。大力をもって悪魔を降伏(ごうぶく)する。寺門の左右に置かれる。門の向かって右を密迹(みっしゃく)金剛、左を那羅延(ならえん)金剛という。仁王。金剛手。金剛神。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

金剛力士
 仏の説いた教えを守る神で、仁王[におう]とも言います。いかめしい表情をしており、来る者を威圧しています。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こんごうりきし【金剛力士】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こんごうりきし【金剛力士】
金剛杵しよをとって仏法を守護する天神。忿怒ふんぬの相をなす。金剛神。執金剛神。金剛密迹。仁王。密迹金剛。密迹力士。金剛手。金剛。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

金剛力士
こんごうりきし

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こんごう‐りきし コンガウ‥【金剛力士】
※法隆寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)二月一一日「門五口 仏門二口之中一口在金剛力士」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金剛力士」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金剛力士の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.