Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

金券【きんけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

金券
きんけん
Geldzeichen
有価証券のごとく財産権章するものではなく,そのもの自体が特定金銭価値を有するとみなされている,金銭を代用する証券。たとえば郵便切手収入印紙など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きん‐けん【金券】
金貨と交換できる紙幣。
特定の範囲内で、金銭の代わりに通用させる券。収入印紙・郵便切手・商品など。「金券ショップ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんけん【金券】
たとえば政府紙幣,中央銀行の発行する銀行券(たとえば日本銀行の発行する壱万円札など),郵便切手,収入印紙のように,法律によってそれ自体に一定の価値が認められている証券をいう。無記名式で大量に発行され,通貨またはその代用物としての機能を持っている。手形株券などの有価証券と類似の制度であるが,有価証券以上の強い流通性を求められるため,その移転方法は,最も簡易化されている。すなわち,いったん流通すれば,証券の所持人はつねに権利者と認められる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

金券
きんけん

貨幣の代用をする証書。法律によって、表示された金額の価値を公的に認められ、社会的に通用しうるもの(紙幣、収入印紙、郵便切手など)と、私的に作成され、限られた範囲でしか利用しえないものとがある。後者は会社などにおいて、その会社内、あるいは会社が指定した店舗の利用を促す目的で発行されるもので、賃金支払いに際して、現金のかわりにこの金券が用いられる場合がある。様式はさまざまであるが、代表的なものとしては、(1)金額を表示した紙幣と同様の形態のもの、(2)色によって金額を示す商品券式のもの、(3)購入品、数量、金額を表示してとじた通帳式のもの、などがある。

[横山寿一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きん‐けん【金券】
〘名〙
① 中国で、天子から賜わった黄金製の札。〔隋書‐堯君素伝〕
② 金貨と引き換えることのできる紙幣。兌換(だかん)紙幣。
※公議所日誌‐三・明治二年(1869)三月「国債金券楮幣と並行ふは不可なり」
③ 特定の範囲内で金銭の代わりに通用させる券。郵便切手、収入印紙、商品券など。金額券。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉四「此他露国の公債は、十八億二千万『ルーブル』に上り、〈略〉金券の流通は、十年の間に二倍余の増加をなしたりと云」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金券」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金券の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.