Rakuten infoseek

辞書

金偏【カネヘン】

デジタル大辞泉

かね‐へん【金偏】
漢字の偏の一。「鈍」「銀」「銅」などの「金」の称。
金偏の字のつく、鉱山・鉄鋼・金属などの産業のこと。「金偏景気」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かねへん【金偏】
漢字の偏の一。「針」「鉄」などの「金」の部分。金属などに関する文字を作る。
の字のつく、鉄鋼・鉱山・金属などの産業や株式の俗称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かね‐へん【金偏】
〘名〙
① 漢字の偏の一つ。「銀」「銅」「錫」などの「金」の部分をいう。この偏をもつ字の大部分は字典の金部に属する。〔運歩色葉(1548)〕
② 金銭や財宝。
※浄瑠璃・双生隅田川(1720)狂女道行「手偏指す人山偏なれど、とてもかねへん無ければならぬ」
③ 「金」を偏とする字のつく産業(鉱山、鉄鋼、金属などの重工業)の俗称。同音の「工業」に対して「鉱業」を区別するためにいわれた。昭和二六、七年の特需景気の際に流行した語。
※旅‐昭和二六年(1951)六月号「金へん景気の悪影響か、鉄道施設に多い金物類、シグナルボルト、電線、銅管、錠前、〈略〉盗難がヒンピンと出て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金偏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金偏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.