Rakuten infoseek

辞書

量感【りょうかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

量感
りょうかん
volume
美術用語。造形芸術において,対象のもつ重量容積の,視覚を通した感じをいう。しかし実際の物のもつ量と同じとはかぎらない。たとえば,リンゴを表現しようとするときは,リンゴのもつ実在感,立体感,重量感などを表現しなくてはならない。そのために正しい表現の方法が必要とされる。量感の表現は質感の表現と並んで造形芸術における形体表現に不可欠のものである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りょう‐かん〔リヤウ‐〕【量感】
分量・重さがある感じ。彫刻絵画などでは、表現された対象物の実在感・立体感などをいう。ボリューム。「量感あふれる作品」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

りょうかん【量感】
分量や重量の多そうな感じ。量的に充実した感じ。特に、絵画・彫刻などに表現される物の容積や重量の感じをいう。ボリューム。 「 -に富む」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りょう‐かん リャウ‥【量感】
〘名〙 重量や分量の多そうな感じ。重量感。物量感。また、特に美術で、対象や表現されたものの持つ容積や重量の感じをいう。ボリューム。
※生々流転(1939)〈岡本かの子〉「膝の上に落ちた葡萄の房の重みの量感から」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

量感」の用語解説はコトバンクが提供しています。

量感の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.