Rakuten infoseek

辞書

野面【ノヅラ】

デジタル大辞泉

の‐づら【野面】
野のおもて。野原。「野面を渡る風」
山から切り出したままで加工してない石の表面。また、その石。
恥を知らない、あつかましい顔。鉄面皮(てつめんぴ)。
「此処等から一番―で遣(やっ)つけよう」〈鏡花高野聖

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

の‐も‐せ【野面】
《野も狭いほどにの意を表す「野も狭(せ)に」の「野も狭」を一語とみなしたところから》野原。また、野のおもて。のづら。
「よられつる―の草のかげろひて涼しくくもる夕立の空」〈新古今・夏〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

のづら【野面】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

のづら【野面】
野の面おもて。野原。 「 -を吹く風」
切り出したままで加工していない石の肌。また、挽き切ったままの板の表面。
恥を知らない、あつかましい顔。鉄面皮。 「俺が何もしるめえと思つて、-で言はれてみると/人情本・花筐」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のもせ【野面】
〔「野も狭」の誤解から生じた語〕
野のおもて。のづら。野外。 「まだ露下ぬ-に/滝口入道 樗牛」 「 -の虫の霜にかれゆく声を/とはずがたり 4

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

の‐づら【野面】
〘名〙
① 野原の表面。野原。
合巻正本製(1815‐31)初「のづらに育つやぶの梅」
② 切り出したままで加工してない自然の石のはだ。また、自然のままの石。野面石。
浄瑠璃・曾我虎が磨(1711頃)上「露滑らかに苔蒸して、手がかりもなき野づらの石」
※浄瑠璃・用明天皇職人鑑(1705)五「野づらの石垣麦藁塀要害うとしと申せ共」
④ 恥を知らないしゃあしゃあとした顔。平気な顔。素知らぬ顔。あつかましい顔。鉄面皮(てつめんぴ)。あつかわ。
※評判記・赤烏帽子(1663)序「言葉のおちをとられては、のづらにあらざる塵をひねり」
⑤ 芝居の大道具の一つ。村はずれなどの背景。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

の‐も‐せ【野面】
〘名〙 (野も狭くなるほどいっぱいにの意の「野も狭(せ)に」の「野も狭」を一語と解し、「に」を格助詞と解したことによる語) 野の面(おもて)。のづら。
※大斎院前御集(11C前)下「つてにきく袖にも露はおきかへりのもせの虫の音にもおとらず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野面」の用語解説はコトバンクが提供しています。

野面の関連情報

他サービスで検索

「野面」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.