Rakuten infoseek

辞書

野辺【ノベ】

デジタル大辞泉

の‐べ【野辺】
《古くは「のへ」》
野のあたり。野原。「野辺に咲く草花」
火葬場。また、埋葬地

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

のべ【野辺】
〔古くは「のへ」〕
野原。 「 -の草花」 「山辺も-も花盛り」 「花散らふ秋津の-に/万葉集 36
埋葬場。火葬場。 「おもひまふけし死人なれば夜のうちに-へおくり申たき/浮世草子・五人女 4
「野辺送り」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぬ‐べ【野辺】
〘名〙 (→ぬ(野)) ⇒のべ(野辺)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

の‐べ【野辺】
〘名〙 (古くは「のへ」か)
① 野のほとり。野原。野。
※万葉(8C後)一・三六「花散らふ 秋津の野辺(のへ)に 宮柱 太敷きませば」
② 火葬場。埋葬地。墓地。
※太平記(14C後)六「葬礼の為に、側なる野辺(ノベ)へ越ける其間に」
浮世草子・世間子息気質(1715)四「野辺の衆も、宵からつめかけて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

の‐へん【野辺】
〘名〙 野のあたり。のべ。
※咄本・聞上手三篇(1773)介錯「ある侍、野辺(ノヘン)を通りけるに、松かげに壱人の侍、もろ肌ぬいで」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野辺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

野辺の関連情報

他サービスで検索

「野辺」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.