Rakuten infoseek

辞書

野菜の保存法【やさいのほぞんほう】

食の医学館

やさいのほぞんほう【野菜の保存法】
野菜の栄養価は、新鮮なものほど高いのは当然のことです。できれば早め早めに使い切りたいものですが、まとめ買いをすると、なかなか使いきれずに残ってしまうものです。そこで、なるべく鮮度を落とさないための保存法を紹介します。
・冷蔵庫にしまう野菜
トマト、ピーマン、キュウリ/紙に包んで保存。キュウリは立てておきます。
長ネギ/切って白い部分は袋に入れて、緑色の部分は刻んで密封容器に。
レタス、キャベツ/芯(しん)をくり抜き、濡らしたペーパータオルなどをつめてラップでくるみます。
ダイコン、ニンジン/切り口をラップで包み、湿らせたふきんで包みます。
ゴボウ/濡らした新聞紙にくるみ、ポリ袋に入れて保存。
冷暗所に置く野菜
サツマイモ、ジャガイモ/カゴや木箱に入れて冷暗所に。
タマネギ/あみ袋に入れてつるして保存。
・立てておく野菜
泥つき長ネギ/根を下にむけて立てて冷暗所に置きます。
ホウレンソウ/濡らした新聞紙でしっかり包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室に立てて保存。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

野菜の保存法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

野菜の保存法の関連情報

他サービスで検索

「野菜の保存法」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.