Rakuten infoseek

辞書

野沢尚【のざわ ひさし】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

野沢尚 のざわ-ひさし
1960-2004 昭和後期-平成時代の脚本家,小説家。
昭和35年5月7日生まれ。昭和58年城戸賞入選。読売テレビのディレクター鶴橋康夫とくんで単発ドラマを多数手がけ,平成3年「愛の世界」で芸術作品賞。11年テレビドラマ「眠れる森」「結婚前夜」で向田邦子賞。また9年には小説「破線マリス」で江戸川乱歩賞。14年テレビドラマ「反乱のボヤージュ」で芸術選奨。「その男,凶暴につき」「ラストソング」などの映画脚本もかく。平成16年6月28日事務所で自殺していたのが発見された。44歳。愛知県出身。日大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

野沢尚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

野沢尚の関連情報

関連キーワード

新藤兼人骨・関節感染症[各個指定]工芸技術部門磯崎新国際通貨問題黒人文学メタボリズム川添登鈴木清順ヨーロッパ/サウスアメリカ・カップ

他サービスで検索

「野沢尚」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.