Rakuten infoseek

辞書

野村【のむら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

野村
のむら
愛媛県南西部,西予市中央部を占める旧町域。肱川上流部の宇和川およびその支流域にある。 1922年町制。 1955年渓筋村,中筋村,惣川村の3村および貝吹村,横林村の一部と合体。 2004年4月明浜町,宇和町,城川町,三瓶町の4町と合体し西予市となった。東西に細長く,周辺山地は明治以来の造林で美林が多い。中心集落の野村は泉貨紙の発祥地で,コウゾミツマタ集散地であった。生糸工場や乳製品工場があり,南予集約酪農指定地域の中心。養蚕と乳牛飼育,キュウリ栽培および林業が行なわれる。東部の大野ヶ原カルスト台地は四国カルスト県立自然公園に属する標高 1100~1400mの高原。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

のむら【野村】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やそん【野村】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

のむら【野村】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

野村
のむら
愛媛県南西部、東宇和郡にあった旧町(野村町(ちょう))。現在は西予市(せいよし)の中央部を占める一地域。1922年(大正11)町制施行。1955年(昭和30)中筋、渓(たに)筋、惣川(そうがわ)の3村と合併。2004年(平成16)、西宇和郡の三瓶(みかめ)、東宇和郡の明浜(あけはま)、宇和、城川(しろかわ)の4町と合併して市制施行、西予市となる(なお、この合併により東宇和郡は消滅)。旧野村町は肱川(ひじかわ)の上流に位置し、国道197号、441号が通じる。中心の野村は野村盆地を占め、中世には豪族野村殿宇都宮(うつのみや)氏の領地であった。中世に仙貨紙の創始をみ、宇和島藩の特産品として泉(仙)貨方役所が置かれた。明治中ごろから養蚕が発達し、桑園が多く、2000年には年間0.7トンの収繭量をあげ、シルク博物館がある。酪農、タバコ、キュウリの栽培も盛ん。高知県境の大野ヶ原は四国カルスト台地の一部で、第二次世界大戦後の入植者の開拓と、1971年度(昭和46)に始まった国営草地開発事業によって酪農業が発達した。カルスト台地は四国カルスト県立自然公園となっている。[横山昭市]
『『野村郷土誌』(1964・野村町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

の‐むら【野村】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のむら【野村】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野村」の用語解説はコトバンクが提供しています。

野村の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.