Rakuten infoseek

辞書

野村忠宏【のむらただひろ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

野村忠宏
のむらただひろ
[生]1974.12.10. 奈良,広陵
柔道選手。叔父の野村豊和は 1972年ミュンヘン・オリンピック競技大会の男子軽中量級金メダリストという柔道家系に生まれ,3歳から祖父の道場豊徳館で競技を始めた。身長 164cmという小柄ながら切れ味鋭い背負い投げ,内またを武器に天才と呼ばれ,男子 60kg級で 1996年アトランタ・オリンピック競技大会,2000年シドニー・オリンピック競技大会,2004年アテネ・オリンピック競技大会と 3大会連続の金メダルを獲得。オリンピック競技大会の全競技を通じてアジア初の 3連覇という快挙を達成した。加えてアテネ大会での金メダルは日本の夏季オリンピック通算 100個目という節目を飾った。全日本選抜柔道体重別選手権大会では 1996年に初優勝し,2007年に 6度目の優勝を果たした。オリンピック 4大会連続の金メダルをねらった 2008年北京オリンピック競技大会は,国内の選考大会に敗れ出場を逃した。その後,休養期間を経て競技に復帰したが,2012年ロンドン・オリンピック競技大会も出場権をつかめなかった。2013年3月,国際大会スイスオープンの男子 60kg級で 1年7ヵ月ぶりに大会復帰,38歳にして優勝した。2004年文部科学大臣顕彰・特別表彰,紫綬褒章を授与された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

野村忠宏 のむら-ただひろ
1974- 平成時代の柔道選手。
昭和49年12月10日生まれ。祖父が創設した柔道道場「豊徳館」で柔道をはじめる。背負い投げを得意とし,平成8年全日本選抜体重別60kg級で優勝。同年アトランタ五輪で金メダル。9年世界選手権で優勝。12年フランス国際,全日本選抜体重別で優勝し,シドニー五輪で連覇。16年アテネ五輪でも金メダルを獲得し,五輪柔道史上初の3連覇をはたす。20年同志社大客員教授。27年現役引退。奈良県出身。天理大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

野村忠宏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

野村忠宏の関連情報

関連キーワード

神代辰巳藤田敏八ポルトガル文学安野光雅寺山修司ゲンシャー小川国夫北川透河野典生コッポラ

他サービスで検索

「野村忠宏」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.