Rakuten infoseek

辞書

野村克也【のむらかつや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

野村克也
のむらかつや
[生]1935.6.29. 京都
プロ野球選手,監督。 1954年テスト生として南海ホークス入団捕手という過酷なポジションにありながら本塁打王9回,打点王7回,首位打者1回で,三冠王にも輝く。 1970年より監督兼選手。 1978年南海からロッテ・オリオンズに移籍し,その後は西武ライオンズでプレーする。「長嶋 (長嶋茂雄 ) は向日葵の花,自分は月見草」の名文句を残す。 1990年ヤクルトスワローズ監督に就任し,9年間で4度のリーグ優勝,3度の日本一にチームを導いた。 1999年から阪神タイガースを率いたが,3年連続で最下位に終わった。 2003年社会人野球のシダックスのゼネラルマネジャー兼監督に,2006年東北楽天ゴールデンイーグルスの監督に就任。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

のむら‐かつや【野村克也】
[1935~ ]プロ野球選手・監督。京都の生まれ。昭和29年(1954)南海(福岡ソフトバンク前身)に入団。昭和40年(1965)戦後初の三冠王を獲得。昭和45年(1970)から昭和52年(1977)は選手兼任監督として活躍。本塁打王9回、打点王7回、通算657本塁打など、数々の記録樹立。引退後はヤクルト阪神楽天などの監督を歴任した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

野村克也 のむら-かつや
1935- 昭和後期-平成時代のプロ野球選手,監督。
昭和10年6月29日生まれ。昭和29年テスト生で南海に入団。40年戦後初の三冠王。45-52年監督も兼務。ロッテ,西武にうつり,捕手として世界記録の3017試合出場。実働26年,本塁打王9回,打点王7回,首位打者1回。通算2901安打,2割7分7厘,657本塁打,1988打点。平成元年野球殿堂入り。2-10年ヤクルト監督(優勝4回,うち日本一3回)。11年阪神監督。社会人のシダックス監督をへて,18年楽天監督。21年監督勝利1500を達成する。京都府出身。峰山高卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

知恵蔵mini

野村克也
元プロ野球選手(捕手)、監督。1935年6月29日、京都府生まれ。高校卒業後の54年、テスト生として南海ホークス(現、福岡ソフトバンクホークス)に入団。3年目に捕手としてレギュラーに定着した。打者との駆け引きに長け、背後から独り言を装いつつ話しかけて集中力を削ぐ「ささやき戦術」や、投手が投球動作を小さく素早くすることで盗塁を防ぐクイックモーションを考案した。また、打者としても力を振るい、戦後初の三冠王を獲得。70年に南海ホークスで選手兼任監督に就任すると、73年にはリーグ優勝を果たし、自身もMVPを獲得した。その後、ロッテオリオンズ(現、千葉ロッテマリーンズ)や西武ライオンズ(現、埼玉西武ライオンズ)で選手として活躍。80年に現役を引退した。90年には当時成績の振るわなかったヤクルトスワローズの監督に就任。3年後にリーグ優勝を果たす。9年間の在任中にチームを4度のリーグ優勝、3度の日本一に導いた。選手の詳細な分析データを活用する「ID野球」で知られ、阪神タイガースや東北楽天ゴールデンイーグルスでも監督を務めている。落ち目の選手や目立たない選手を輝かせる指導や起用は「野村再生工場」と呼ばれた。生涯本塁打数は王貞治に次ぐ歴代2位(2019年現在)の通算657本。2020年2月11日死去。享年84。

(2020-2-13)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

野村克也
のむらかつや
(1935― )
プロ野球選手(捕手:右投右打)、監督。6月29日、京都府生まれ。捕手という重労働を強いられるポジションでありながら、実働26年で歴代2位(2015年時点)の通算3017試合に出場、ホームランも王貞治(さだはる)に次ぐ歴代2位の657本を数え、屈指の強打を誇った。1954年(昭和29)、峰山高からテスト生として南海ホークス(現、福岡ソフトバンクホークス)に入団、1957年には早くも本塁打王を獲得し、以降、1961年からの8年連続を含め、9回も本塁打王になった。1962年から1967年までは打点王も手にしたため6年連続で二冠王となり、さらに1965年には首位打者のタイトルも獲得し、戦後初の三冠王となった。1970年からは監督を兼任、捕手で培った野球に対する深い洞察力は監督としての采配(さいはい)に生かされ、1973年にはリーグ優勝を果たした。1977年に監督を解任され、その後は「生涯一捕手」として、1978年ロッテオリオンズ(現、千葉ロッテマリーンズ)、1979年西武ライオンズ(現、埼玉西武ライオンズ)に移籍し、1980年に現役を引退した。絶大な人気を誇る長嶋茂雄(しげお)をヒマワリに例え、自らをツキミソウ(月見草)になぞらえた話は有名である。1990年(平成2)にはヤクルトスワローズ(現、東京ヤクルトスワローズ)の監督に就任、データ重視の「ID野球」を確立させ、リーグを4回制覇し、うち3回は日本一の座についた。1999年から2001年まで阪神タイガースの監督を務めた。[出村義和]

2002年以降

2002年から2005年まで社会人野球のシダックスの監督としてアマチュアのチームを率いたあと、2006年に東北楽天ゴールデンイーグルスの監督に就任、5年ぶりにプロ球界に復帰した。チームは2年連続の最下位となったが、翌2007年には4位に浮上させた。2009年退任。
 選手としての26年間の通算成績は、出場試合3017、安打2901、打率2割7分7厘、本塁打657、打点1988。獲得したおもなタイトルは、首位打者1回、本塁打王9回、打点王7回、三冠王1回、最優秀選手(MVP)5回(うち最高殊勲選手1回)、ベストナイン19回、ダイヤモンドグラブ賞(現、ゴールデン・グラブ賞)1回。監督としての通算成績は、3204試合、1565勝1563敗76分け、勝率5割、リーグ優勝5回、日本シリーズ優勝3回。1989年(平成1)に野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部]
『長沼石根著『月見草の唄――野村克也物語』(1981・朝日新聞社) ▽野村克也著『一流の条件――プロ野球野村克也の目』(1986・朝日新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野村克也」の用語解説はコトバンクが提供しています。

野村克也の関連情報

関連キーワード

山中貞雄斎藤寅次郎成瀬巳喜男日本浪曼派五所平之助島津保次郎清水宏稲垣浩キューカー治安維持法

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.