Rakuten infoseek

辞書

野川検校【のがわけんぎょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

野川検校
のがわけんぎょう
[生]?
[没]享保2 (1717).2.7.
大坂を中心に伝承されてきた三味線組歌(→三味線本手野川流。都名(いちな)は楽一。京都の柳川検校門下で『大怒佐(おおぬさ)』(→『糸竹大全』)に「当世引出しの新曲」の作曲者として名が挙げられている朝妻勾当(浅妻勾当。のちに検校)の弟子。元禄9(1696)年検校に登官。平曲家としても活躍したが,三味線組歌を改編して伝授制度を定めた。柳川流が今日組歌 6曲を残すのみなのに対し,野川流は 32曲が伝えられる。作品は『松の葉』(1703)の長歌目録の部に『かぞへ歌』が記載されるほか,『春草』『舞扇』『若松』などが文献に散見され,現行曲に長歌『子の日』がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

野川検校 のがわけんぎょう
?-1717 江戸時代前期-中期の地歌三味線方。
朝妻検校の門人といわれる。元禄(げんろく)9年検校となり,大坂で活躍。三味線組歌を改革し,浅田検校に伝承。京都の柳川流に対し野川流と称した。作品に「春草」「子の日(ねのび)」などがある。享保(きょうほう)2年2月7日死去。名は楽一。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

のがわけんぎょう【野川検校】
?‐1717(享保2)
地歌三味線家。名はらく一。1696年(元禄9)浅井野勾当を師として検校に登官。妙観派。朝妻かう一検校(?‐1690)から三味線本手の伝承を受けたとされるが,大坂における伝承の祖とされ,京都の早崎流ないし柳川流に対して野川流を称す。本手のみならず,長歌の作曲においても特異性を発揮したらしく,《若緑》(1706)は,とくに野川作曲の長歌を収録するために刊行されたが,収録曲中の該当曲は不明。歌謡集《松の葉》(1703)には,《数へ歌》のみ収録。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

野川検校」の用語解説はコトバンクが提供しています。

野川検校の関連情報

関連キーワード

三宝備後国ラフィトー三子三筆四象抜・貫鋸草ぼんぼり回・廻・周

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.