Rakuten infoseek

辞書

野坡【ヤバ】

デジタル大辞泉

やば【野坡】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

野坡 やば

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

やば【野坡】
1662‐1740(寛文2‐元文5)
江戸中期の俳人。姓は志太しだ),のち竹田。通称は弥助。越前福井の人。江戸の越後屋に奉公し,両替店手代などを勤める。はじめ其角に師事し,1687年(貞享4)ごろ野馬の号で蕉門に登場するが,以後動静不明。93年(元禄6)から芭蕉に親炙しんしや)し,翌年,孤屋,利牛と《炭俵》を共編,〈軽み〉の人事句で認められる。元禄末年ごろ俳諧宗匠となり,1704年(宝永1)大坂に移り,樗木社,浅生庵,無名庵高津野々翁などと号し,西国俳壇の経営に乗り出し,門下1000余人を有し,二十数編の俳書を後見した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やば【野坡】
志太しだ野坡

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

野坡
やば
(1662―1740)
江戸中期の俳人。志田氏。別号に樗子(ちょし)、浅生庵(あそうあん)、高津野野翁(たかつのやおう)など。蕉門(しょうもん)十哲の一人に数えられる。越前(えちぜん)(福井県)福井で生まれ、大坂高津(こうづ)で没した。享年79歳。幼くして江戸に出て、越後(えちご)屋の手代となっている。25歳のおりの其角(きかく)編『続虚栗(ぞくみなしぐり)』に野馬号でみえる句が初見であるが、本格的活動は、1694年(元禄7)に手代仲間の利牛(りぎゅう)、孤屋(こおく)と共編の『炭俵(すみだわら)』以降のことである。許六(きょりく)から「流行のかるき一筋を得たり」(俳諧(はいかい)問答)と評されている。その俳論は、『袖(そで)日記』『樗庵草結(くさむすび)』などの伝書にうかがうことができる。門人一千余人(ぬれ若葉)といわれるが、京の風之(ふうし)、広島の風律(ふうりつ)などが有名である。許六との往復書簡が、1785年(天明5)嘯山(しょうざん)によって『許野消息(きょやしょうそこ)』として公刊されている。
 鉢まきをとれば若衆ぞ大根引(炭俵)[復本一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

野坡 (やば)
生年月日:1662年1月3日
江戸時代中期の俳人
1740年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やば【野坡】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野坡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

野坡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.