Rakuten infoseek

辞書

重陽の節句【ちょうようのせっく】

日本文化いろは事典

重陽の節句
重陽」とは9月9日にあたり、長寿を祈る日です。(奇数)が重なる日そして、奇数の中でも一番大きな数字という意味で重陽といわれています。日本では奈良時代から宮中寺院で菊を観賞するが行われています。

出典:シナジーマーティング(株)

知恵蔵mini

重陽の節句
平安時代の初めに中国から伝わったとされる五節句のうちの一つで、旧暦の9月9日のこと。中国の陰陽思想では、奇数は縁起のよい「陽数」とされ、3月3日や5月5日など奇数が重なる日を祝う風習がある。なかでも陽数の最大値である9が重なる9月9日は重陽と呼ばれ、大変めでたい日と考えられてきた。五節句の名称には、3月3日の、5月5日の菖蒲(しょうぶ)のように、それぞれの季節を代表する花の名前がついており、重陽は「菊の節句」とも呼ばれる。平安時代初期には宮中行事の一つとなり、邪気を払うとされる菊の花を愛でながら、菊の花弁を浸けた酒を飲んで不老長寿を祈願する「観菊の宴」が開かれた。江戸時代にはこの風習が民間にも広がり、菊を浮かべた湯に入ったり、乾燥させた菊の花弁を詰めたで眠ったりするなど、年中行事として親しまれるようになった。

(2020-9-17)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重陽の節句」の用語解説はコトバンクが提供しています。

重陽の節句の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.