Rakuten infoseek

辞書

重畳【チョウジョウ】

デジタル大辞泉

ちょう‐じょう〔‐デフ〕【重畳】
[名](スル)
幾重にも重なること。
「峰巒―して長く飛騨、越中、越後の境に亘り」〈木下尚江良人の自白
この上もなく満足なこと。大変喜ばしいこと。感動詞的にも用いる。頂上。
「あすの喜び、お家の為にも―じゃ」〈逍遥桐一葉
[ト・タル][文][形動タリ]幾重にも重なっているさま。「見渡すかぎり重畳たる山並み」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちょうじょう【重畳】
( トタル ) スル [文] 形動タリ 
幾重にもかさなっている・こと(さま)。 「 -たる山脈」 「中央に-せる山系/日本風景論 重昂
この上もなく喜ばしいこと。きわめて満足なこと。感動詞的にも用いる。 「 -の至り」 「それはでかした、-、-」 「御無事でお帰りなさるは何より-/色懺悔 紅葉

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅう‐じょう ヂュウデフ【重畳】
〘名〙 幾重にもかさなること。ちょうじょう。
※太平記(14C後)一二「加様の事共重(ヂウデウ)して上聞に達しければ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう‐じょう ‥デフ【重畳】
〘名〙
① (形動タリ) (━する) 幾重にも重なっていること。ますます重なること。また、そのさま。かさねがさね。
※菅家文草(900頃)七・祭城山神文「敢不蘋藻清明、玉幣重畳、以賽応験、以飾威稜
※高野本平家(13C前)一「両条希代いまだきかざる狼藉也。事既に重畳(テウデウ)せり、罪科尤のがれがたし」
※肉体の悪魔(1946)〈田村泰次郎〉「毎日大行山脈の、あの重畳とした嶮しい山また山を登り降りして」
② この上もなく喜ばしいこと。きわめて満足なこと。しごく都合がよいこと。多く、感動詞的に用いる。頂上
※狂言記・子盗人(1660)「やあ是に小袖が有。是はちゃうぢゃうのことじゃ」
※談義本・教訓続下手談義(1753)一「家屋舗も次第にふへるげな。重畳(テウヂャウ)重畳目出たふござる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重畳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

重畳の関連情報

他サービスで検索

「重畳」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.