Rakuten infoseek

辞書

重三【ジュウサン】

デジタル大辞泉

じゅう‐さん〔ヂユウ‐〕【重三】
双六(すごろく)で、二つの(さい)の目がともに三と出ること。朱三。ちょうさん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう‐さん【重三】
《三を重ねる
陰暦3月3日。また、その日の節句。上巳(じょうし) 春》
じゅうさん(重三)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じゅうさん【重三】
双六すごろくやさいころ賭博とばくで賽さいの目が二つとも三がでること。朱三。ちょうさん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょうさん【重三】
三月三日の節句。上巳じようし
じゅうさん(重三)に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅう‐さん ヂュウ‥【重三】
〘名〙
① 陰暦三月三日の節供。上巳(じょうし)。ちょうさん。
② 双六(すごろく)で、二つの賽(さい)の目がともに三と出ること。ちょうさん。朱三(しゅさん)
※平治(1220頃か)上「重三重四の目に朱をさされてより以来、朱三朱四とよぶとこそみえて候へ」
③ 誓いを立てる時に添えることば。
※洒落本・初葉南志(1780)「重三(ヂウサン)みぢん偽りは申さぬ、現金掛値なしといへば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう‐さん【重三】
〘名〙 (三が重なる意)
① 陰暦三月三日の節供。上巳(じょうし)。じゅうさん。《季・春》
※俳諧・誹諧通俗志(1716)時令「元巳 重三」 〔閻朝隠‐三日曲水侍宴詩〕
② 双六(すごろく)で、二つの采(さい)にともに三の目がでること。じゅうさん。朱三。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重三」の用語解説はコトバンクが提供しています。

重三の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.