Rakuten infoseek

辞書

里長【さとおさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

里長
さとおさ
里長」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

里長
りちょう
万葉集』には「さとおさ」とある。律令行政単位里 (50戸1里) の長。ごとに1人おかれ,徭役を免除され,八位以下の請願者および白丁 (はくてい) の清廉強幹な者が採用された。郡司のもとにあって,戸口検校,農桑の課殖,非違の禁察,夫役の催促などにあたった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さと‐おさ〔‐をさ〕【里長】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

り‐ちょう〔‐チヤウ〕【里長】
律令制下の地方行政区画の最小単位である里の長。郡司の監督下に里内統制徴税にあたり、雑徭(ぞうよう)を免ぜられた。さとおさ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さとおさ【里長】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

りちょう【里長】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さとおさ【里長】
村落の長。村長むらおさ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りちょう【里長】
中国で、地方行政単位の里の長。漢代・唐代に里正、明代の里甲制では里長と呼ぶ。
律令制の地方行政区画の里の長。さとおさ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

り‐ちょう ‥チャウ【里長】
〘名〙
① 令制で地方行政区画の最下級の単位である里(五〇戸)の長。現地の農民のうちの有力者を任命し、里内の秩序維持、勧農、警察などを行なった。〔令義解(718)〕
村落の長。
※江戸繁昌記(1832‐36)二「田舎の里長(〈注〉ナヌシ)も、必学問吾如き者有ん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

里長」の用語解説はコトバンクが提供しています。

里長の関連情報

他サービスで検索

「里長」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.