Rakuten infoseek

辞書

【うわぐすり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


うわぐすり
glaze
陶磁器の表面をおおって素地中に水その他の液体を浸透させないようにし,表面に美的効果を与えるために使われるガラス質の素材。原料ケイ酸アルカリ石灰酸化鉛,アルミナ,ホウ酸などで,それに着色料として金属酸化物を混入する。アルカリ釉鉛釉,錫釉,塩釉などの種類がある。また,釉の色やその内容によって,白釉,色釉,結晶釉,流れ釉,つや消し釉などに分類されることもある。溶融温度は組成によってさまざまであるが,アルカリ分や酸化鉛分が多くなると融点は低くなる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うわ‐ぐすり〔うは‐〕【×釉/上薬】
陶磁器の、素地の表面に施すガラス質の溶液。焼成すると薄い層を成し、吸水を防ぎ、光沢を帯びて装飾を兼ねる。主成分珪酸(けいさん)化合物。金属含有物によって、さまざまな色を呈する。釉薬(ゆうやく)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆう〔イウ〕【×釉】
釉薬(ゆうやく)。うわぐすり

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うわぐすり【釉 glaze】
釉薬とも書き,釉(ゆう),釉薬(ゆうやく)ともいう。陶磁器の表面を覆うガラス質の薄い膜のこと。純粋にガラスだけではなく結晶が析出している場合もある。釉を施す目的は,液体あるいは気体に対して透過性をなくすること,表面を滑らかにして汚れにくくすること,機械的強度を上げること,および美術的装飾効果を与えること,である。外観から分類すると,透明釉,不透明釉,つや消し釉,色釉,結晶釉,亀裂釉,窯変釉,油滴釉などになる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ゆう【釉】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゆう【釉】
うわぐすり。陶磁器が液体やガスを吸収しないよう、器物をおおったり線をつけたりするために用いる不透性でガラス質の材料。無色・有色、透明・不透明のものがある。釉薬ゆうやく

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆう イウ【釉】
〘名〙 釉薬。うわぐすり。
※蝶の皿(1969)〈秦恒平〉「釉は薄い胎土に幾重にもかかり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

釉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.