Rakuten infoseek

辞書

醒睡笑【せいすいしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

醒睡笑
せいすいしょう
江戸時代前期の咄本 (はなしぼん) 。安楽庵策伝著。元和1 (1615) 年頃著者が京都所司代板倉重宗の前でをしたとき,書き集めて書物にするよう依頼されて起,同9年完成,寛永5 (28) 年3月 17日重宗に贈ったもの。著者が幼年時代から耳にしたり読書によって得た笑話を集めたもので,写本では8巻 42項,約 1000話,板本では 300話あまり所収。笑話集として最古のものの一つで,しかも最大。内容は各種の滑稽にわたって豊富。所収笑話はおおむね室町から安土桃山時代に行われたものであるが,広く和漢の書から取材している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せいすいしょう〔セイスイセウ〕【醒睡笑】
江戸初期の咄本(はなしぼん)。8巻。安楽庵策伝著。元和9年(1623)成立。戦国末期から近世にかけて語られていた笑話を、全編42に分類、集大成したもの。のちの咄本や落語に大きな影響を与えた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいすいしょう【醒睡笑】
笑話本,噺本。8巻。安楽庵策伝が,京都所司代板倉重宗の依頼によって1615年(元和1)ごろに筆を起こし,23年に完成,28年(寛永5)3月17日に重宗に献呈したもの。写本で伝わるもの(広本)と整版本(略本,狭本)があるが,内閣文庫本(広本)には1039の咄(笑話(しようわ),落し噺),寛永整版本には311の咄が収められ,それぞれ42項に分類してある。この書は浄土宗説教僧であった策伝が説教の話材を集めたもので,教訓・啓蒙的な咄もあるが,あらゆる種類の滑稽談が網羅され,後世の落語や戯作に強い影響を与えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいすいしょう【醒睡笑】
咄本。八巻。安楽庵策伝編。1623年成立。28年京都所司代板倉重宗に献上された。一千余の笑話を四二項目に分類したもので咄本の祖といわれるが、刊行されたのは三百余話の抄録本。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

醒睡笑
せいすいしょう
噺本(はなしぼん)(笑話本)。八巻。浄土宗の説教僧であった安楽庵策伝(あんらくあんさくでん)が、京都所司代板倉重宗(いたくらしげむね)の懇請によって編集したもの。1623年(元和9)に完成し、28年(寛永5)3月17日に重宗に贈呈した。写本で伝わるもの(広本)には1000余の咄(はなし)を、整版本(略本・狭本)には311の咄を収め、それぞれ42項に分けられている。内容は、策伝が見聞した各地の逸話、僧界の内情、戦国武将の行状、民間説話、風俗や書物から得た説話を材料にした笑話が主であるが、経典の解釈や教訓・啓蒙(けいもう)的な咄も多い。咄の末尾に落ちをつける「落し噺(ばなし)」の型をもつものがほとんどであり、策伝自身がこれらを説教の高座で実演したために安楽庵策伝は後世「落語の祖」とたたえられた。この書は、説教僧としての策伝が、説教話材のメモを集成したものである。したがって、噺本(笑話本)ではあるが、説教本(仏書)の性格をもっている。[関山和夫]
『鈴木棠三校注『醒睡笑』上下(岩波文庫) ▽関山和夫編『醒睡笑』(1981・桜楓社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せいすいしょう セイスイセウ【醒睡笑】
咄本(はなしぼん)。八巻。安楽庵策伝作。元和九年(一六二三)の成立。戦国末期から近世初期、お伽衆によって語られていた笑話を中心として四二項に分類、集大成した一大笑話集。当時の社会や時代風潮を反映した話が多く、後代の落語や咄本などに大きな影響を与えた。寛永五年(一六二八)京都所司代板倉重宗に献呈された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

醒睡笑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

醒睡笑の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.