Rakuten infoseek

辞書

酸化物半導体【さんかぶつはんどうたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

酸化物半導体
さんかぶつはんどうたい
oxide semiconductor
金属酸化物は,通常は禁制帯幅が広く絶縁性を示すが,化学当量組成からずれることにより半導体性をもつものがある。還元によって導電率が増す ZnO ,TiO2 ,SnO2 などはn型半導体で,還元型半導体または過剰型半導体と呼ばれる。酸化によって導電率が増す NiO ,Cu2O ,Cr2O3 などはp型半導体で,酸化型半導体または不足型半導体と呼ばれる。ゲルマニウムやシリコンより古くから半導体として知られたものもあるが,純度を上げるのがむずかしく,大きなよい単結晶を得るのが困難である。半導体としての性質を用いた実用例は少く,サーミスタの主材として用いられるほか,過去に Cu2O が整流器に用いられたことがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんかぶつ‐はんどうたい〔サンクワブツハンダウタイ〕【酸化物半導体】
酸化物からなる半導体。通常、絶縁性を示すものが多い酸化物の中で、半導体の性質を示す化合物からなる。製造時の温度が室温程度のため、低コストで生産できる。透明で塗布による加工が可能な材料もあり、透明な太陽電池、折り曲げられる電子ペーパー、超高精細の液晶ディスプレー有機ELディスプレーへの応用が試みられている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酸化物半導体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

酸化物半導体の関連情報

他サービスで検索

「酸化物半導体」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.