Rakuten infoseek

辞書

酸化ナトリウム【さんかナトリウム】

世界大百科事典 第2版

さんかナトリウム【酸化ナトリウム sodium oxide】
化学式Na2O。ナトリウムの酸化物には,この組成のほかに過酸化物イオンO22-を含む過酸化ナトリウムNa2O2がある。Na2Oは無色の粉末。構造は逆蛍石型で,CaF2立方格子のCaの位置にOが,Fの位置にNaが配置した形をとる。格子定数a=5.55Å。比重2.27。400℃以上に熱するとNa2O2とNaに分解する。吸湿性で,水と激しく反応して水酸化ナトリウムを生ずる。また二酸化炭素を吸収して炭酸ナトリウムになる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

酸化ナトリウム
サンカナトリウム
sodium oxide

Na2O(61.98).ナトリウムと酸素を180 ℃ 以下で加熱するか,またはアジ化ナトリウム硝酸ナトリウムを真空中で加熱して得られる.白色粉末.密度2.27 g cm-3.400 ℃ 以上に加熱すると分解してNa2O2とNaとになる.吸湿性があり,水に溶かすとはげしく反応して水酸化ナトリウムを生じる.二酸化炭素を吸収して炭酸ナトリウムとなる.ガラス・セラミックス・ゼオライト原料脱水剤,重合剤,縮合剤などに用いられる.[CAS 1313-59-3]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酸化ナトリウム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

酸化ナトリウムの関連情報

関連キーワード

メタアルミナ型ガラスの分相ACF図オサン式(鉱物化学)アルカリ石灰指数サブアルミナ型ミアスキテイックラング多孔質ガラス溶球試験

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.