Rakuten infoseek

辞書

酸・酢【すい】

精選版 日本国語大辞典

す・い【酸・酢】
〘形口〙 す・し 〘形ク〙 酢のような味である。すっぱい。
※東大寺諷誦文平安初期点(830頃)「酢(スキ)(み)を拾ひて弱き身を助け」
※今昔(1120頃か)二八「酒少し濁りて酸き様なれども」
※永日小品(1909)〈夏目漱石〉昔「酸(ス)いものがいつの間にか甘くなる様に」
[語誌]塩や醤(ひしお)などとともに古くから調味料として用いられた「酢」に、形容詞を造る接尾辞「し(い)」が接続してできた語。「新撰字鏡」の記述から、酸味は、古くは塩味や辛味と分化されずに「からし」で形容されていたと考えられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酸・酢」の用語解説はコトバンクが提供しています。

酸・酢の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.