Rakuten infoseek

辞書

酪酸発酵

栄養・生化学辞典

酪酸発酵
 酪酸を生じる発酵.絶対嫌気性条件で行われる.副生物としてプロピオン酸ブタノールプロパノールなどがある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

らくさんはっこう【酪酸発酵】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

酪酸発酵
らくさんはっこう
酪酸菌の作用によって炭水化物から酪酸を生成し、同時に炭酸ガスと水素ガスを生ずる発酵をいう。その反応は次式で表される。

 酪酸発酵は絶対嫌気性菌の酪酸菌(クロストリジウムClostridium butyricum)などによって行われるが、細菌の種類や反応条件によってはアセトン、ブタノール、エタノール(エチルアルコール)、乳酸なども生ずる。
 酪酸発酵の基本経路は、炭水化物からピルビン酸まではエムデン‐マイヤーホーフ‐パルナス経路で進み、その後酢酸を経て酪酸を生ずると考えられている。また、発酵容器内の一酸化炭素分圧の増大や、青酸カリKCNなどの毒物で酪酸発酵の過程を阻害すると、乳酸が生じ、乳酸発酵へ切り替わることが知られている。[伊藤莪]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酪酸発酵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

酪酸発酵の関連情報

他サービスで検索

「酪酸発酵」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.