Rakuten infoseek

辞書

鄭樵【テイショウ】

デジタル大辞泉

てい‐しょう〔‐セウ〕【鄭樵】
[1103~1162]中国、南宋学者。興化莆田(ほでん)(福建省)の人。字(あざな)は漁仲。天文地理から草木虫魚に至るまで博覧を極め、「通志」200巻を著した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ていしょう【鄭樵】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

鄭樵
ていしょう
(1104―1162)
中国、南宋(なんそう)末の学者。字(あざな)は漁仲(ぎょちゅう)。久しく人事を絶って夾(きょうさい)山にいたので、世に夾先生と称された。福建省(ほでん)の人。史論をよくし、考証に優れていた。主著『通志』は、王朝ごとに作史する断代史を批判して、歴史は通史を主とすべしとの立場から書かれたもの。そのうちの「二十略」には新見が多い。ほかに『爾雅注(じがちゅう)』『詩弁妄』『夾遺稿』などがある。その史学思想は清(しん)末の章学誠(しょうがくせい)により再評価されている。[村山吉廣]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鄭樵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鄭樵の関連情報

関連キーワード

鳥羽天皇エーリック1世マグヌス2世平基盛アルフォンソ2世[アラゴン王]行厨壺中迢逓樊籠岳飛

他サービスで検索

「鄭樵」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.