Rakuten infoseek

辞書

都志【つし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

都志
つし
兵庫県南部,洲本市北西部の旧町域。淡路島西岸播磨灘に臨む。 1924年町制施行。 1956年4村と合体して五色町となり,2006年洲本市と合体。沿岸漁業とした漁港があり,背後丘陵地ではミカン栽培。江戸時代後期に択捉島方面で活躍した高田屋嘉兵衛の出身地でがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つし【都志】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

都志」の用語解説はコトバンクが提供しています。

都志の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.