Rakuten infoseek

辞書

都市計画法【としけいかくほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

都市計画法
としけいかくほう
広義には,都市の計画的な整備に関する法律一般をさし,狭義都市計画法のほか,土地区画整理法,都市再開発法などを含む。狭義には,都市計画に関する基本法である都市計画法 (昭和 43年法律 100号) をさす。これは,旧都市計画法 (大正8年法律 36号) に代えて制定され,都市計画の内容,決定手続,地域地区制,開発許可制,建築制限などの都市計画制限都市計画事業施行ならびに都市計画事業の認可,都市計画中央審議会などのほか,土地基金,税制上の措置などについて定める。特に,市街地の無秩序な拡張を防止するために,市街化区域市街化調整区域とを区別し,それぞれの区域におけるさまざまな措置などを定めた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

としけいかく‐ほう〔トシケイクワクハフ〕【都市計画法】
都市計画の内容およびその決定手続き、開発許可制・建築制限などの都市計画制限、都市計画事業の認可・施行などについて定めた法律。昭和44年(1969)施行。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

としけいかくほう【都市計画法】
都市計画の実現をはかるため,いずれの国においても,都市計画法およびこれに関連する諸法規を設けている。このように法律・制度に基づいて実現をはかる都市計画を法定都市計画という。都市計画法は国によって,その体系が異なり,全国適用の統一法をもつもの,州の権限とするもの,市町村の条例により行うものなどに分かれる。日本では1919年にはじめて都市計画法と市街地建築物法が公布された。東京はじめ六大都市はこれによって都市計画区域,用途地域,防火地区などを指定し,幹線街路網の整備,土地区画整理事業などを実施し,その他の中小都市もこれにならって都市計画を進めることとなった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

としけいかくほう【都市計画法】
都市計画の実施を図るための法律。1968年(昭和43)制定。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

都市計画法
としけいかくほう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

としけいかく‐ほう トシケイクヮクハフ【都市計画法】
〘名〙 都市計画について定めた法律。大正八年(一九一九)に制定された旧法に代わり昭和四三年(一九六八)制定。都市計画、都市計画制限、都市計画事業の認可・施行、都市計画中央審議会などについて規定。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

都市計画法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

都市計画法の関連情報

他サービスで検索

「都市計画法」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.