Rakuten infoseek

辞書

【ごう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


ごう
「さと」とも読む。令制の下におかれた行政区画。郡の下には古くがあったが霊亀1 (715) 年郷に代った。その後,郷 (さと) の下に里 (こさと) 2~3里がおかれた時期もあった。郷の数は奈良時代の『古律書残編』には 4012郷,平安時代初期の『倭名類聚抄』 20巻本 (高山寺本) には 3715郷とある。 50戸を1郷とし,それに満たない場合は余戸 (あまりべ) と称した。郷には郷長がおかれた。律令の崩壊によって郷は次第に崩れ,荘園制に移ってくると,荘,村,が末端組織として現れた。しかし,郷の名称は,中世の郷村制近世郷士郷倉などとして,後代までも根強く残った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょう〔キヤウ〕【郷】
ふるさと。故郷。「に帰る」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きょう【郷】[漢字項目]
[音]キョウ(キャウ)(漢) ゴウ(ガウ)(慣) [訓]さと
学習漢字]6年
〈キョウ〉
村里。いなか。「郷邑(きょうゆう)
ふるさと。「郷関郷国郷土郷里家郷懐郷帰郷同郷望郷
ところ。土地。「異郷故郷水郷仙郷桃源郷理想郷
〈ゴウ〉村里。「郷士近郷在郷本郷
[名のり]あき・あきら・のり
[難読]故郷(ふるさと)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごう〔ガウ〕【郷】
いなか。さと。
律令制における地方行政区画の最下位の単位「里(り)」を奈良時代に改めた称。初め、国・郡・郷の順であったが、のち、下に村が設けられ、数村を合わせたものをよぶようになった。→郷里制

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごう【郷】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

 律令[りつりょう]時代の地方行政組織で、郡[ぐん]をさらに分けたものです。50戸を1郷と言います。もともとは「里[り]」と呼んでいましたが、「郷」と名前がかわり、「郷」の下に「里」が置かれていたときもありました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごう【郷】

[古代]
 古代律令制下の地方行政組織の一つ。令制では全国を国・郡・里の3段階の行政組織に編成し,50戸を1里として里長を置いたが,715年(霊亀1)郷里(ごうり)制の施行により,この里・里長は郷・郷長と改称された。ただし,郷・里ともに〈サト〉と読まれ,その変化は文字の上のことにすぎない。その後739年(天平11)末から翌年初めにかけてのころに郷里制は郷制へと改められ,以後郷を末端とする地方行政組織が固定して中世に及んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

きょう【郷】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きょう【郷】
ふるさと。故郷。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごう【郷】
いなか。里。 「白川-」
律令制で、地方行政における社会組織の単位。 → 郷里制
昔の、数村を合わせた呼び名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごう【郷】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔愛媛県〕郷(ごう)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


ごう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょう キャウ【郷】
〘名〙
① 中国の周で、戸数が一二五〇〇ある地をいう行政上の区画。〔周礼‐地官・大司徒〕
② (転じて) むら。さと。
※本朝文粋(1060頃)一二・詰眼文〈三善清行〉「年未艾服。不小字書。齢未郷」 〔管子‐権修〕
ふるさと。故郷。ごう。
※文明本節用集(室町中)「慕郷 キャウヲシタウ」 〔南史‐柳慶遠伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごう ガウ【郷】
〘名〙
① 令制における地方行政区画の最下位の単位「里(さと)」を霊亀元年(七一五)以降に改めた称。五十戸から編成される。→郷里制(ごうりせい)
※続日本紀‐和銅六年(713)五月甲子「畿内七道諸国郡郷名著好字
※平家(13C前)二「同八月十九日、備前備中両国の堺、にはせの郷吉備の中山と云所にて」 〔礼記‐祭義〕
② いなか。里。また、ふるさと。故郷。きょう。〔文明本節用集(室町中)〕
俳諧・夜半楽(1777)春風馬堤曲「郷を辞し弟に負て身三春」 〔孟子‐告子・上〕
③ 境地。心境。
※俳諧・春泥句集(1777)序「常に其友を撰て、其人に交るにあらざれば、其郷に至ることかたし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごう ガウ【郷】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

郷の関連情報

他サービスで検索

「郷」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.