Rakuten infoseek

辞書

郷村【キョウソン】

デジタル大辞泉

きょう‐そん〔キヤウ‐〕【郷村】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごう‐そん〔ガウ‐〕【郷村】
村里。きょうそん。
中世から近世にかけての村落共同体。室町時代、農民の自治団結体としての惣(そう)として成長。その後、近世封建体制のもとで、領主は農民支配の便宜のための行政単位として設定した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ごうそん【郷村】
むらざと。里。
室町時代、有力農民を中心に形成されてきた自治的組織をもつ村落の連合体。江戸時代には封建支配のための行政機構となった。惣そう。惣村。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょう‐そん キャウ‥【郷村】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごう‐そん ガウ‥【郷村】
〘名〙
① むらざと。いなかの村。さと。きょうそん。
※田氏家集(892頃)中・和藤進士客中遇雪見寄「村咲我巴人曲、慙愧高才往復看」 〔王維‐同盧拾遺過違給事東山別業詩〕
室町時代、荘園のなかから、自生的に形成された郷を単位とする村落共同体の名称。東国地方で一般的にみられ、戦国時代以降行政単位の一つとなった。惣村(そうそん)
朝倉孝景条々(1471‐81)英林壁書・一四条「郷村には代官計可置事」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

郷村」の用語解説はコトバンクが提供しています。

郷村の関連情報

他サービスで検索

「郷村」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.