Rakuten infoseek

辞書

郵便物【ユウビンブツ】

デジタル大辞泉

ゆうびん‐ぶつ〔イウビン‐〕【郵便物】
郵便で送達される信書物品内国郵便物国際郵便物があり、それぞれ通常郵便物小包郵便物荷物)に大別される。また、普通郵便に対して速達書留などの特殊取扱を付加した特殊取扱郵便物がある。日本の内国郵便物は第一種郵便物手紙)・第二種郵便物(はがき)・第三種郵便物定期刊行物)・第四種郵便物(通信教育・学術刊行物等)の4種類に分類されている。
[補説]平成19年(2007)の郵政民営化に伴う法改正により、日本国内では従来の小包郵便物(ゆうパックゆうメールなど)が郵便法の適用外となり、貨物として取り扱われている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆうびんぶつ【郵便物】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゆうびんぶつ【郵便物】
郵便法により取り扱いを定められた、信書その他の物。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆうびん‐ぶつ イウビン‥【郵便物】
〘名〙 郵便の目的となる物件。その物件の種類によって通常郵便物と小包郵便物に分け、その取り扱いの方法によって普通取扱郵便物と特殊取扱郵便物、料金の有無によって有料郵便物と無料郵便物に分ける。通常郵便物は、第一種・第二種・第三種・第四種に細別される。郵品。〔仏和法律字彙(1886)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

郵便物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

郵便物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.