Rakuten infoseek

辞書

郵便制度【ゆうびんせいど】

精選版 日本国語大辞典

ゆうびん‐せいど イウビン‥【郵便制度】
〘名〙 信書、小包などを集配、伝達する通信制度。日本では前島密によって明治四年(一八七一)から官営の制度が始められ、同五年から政府が専掌することとなった。郵便制。
※明治大正見聞史(1926)〈生方敏郎〉維新当時の滑稽外交「郵便制度の事から、海底電信を引くことから、〈略〉何から何まで深切に日本に教へて呉れたのは米国であった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

郵便制度
ゆうびんせいど
近代的通信事業の一部門
江戸時代の飛脚制度にかえて,明治維新後,駅逓頭前島密が全国的な通信手段を建議し,駅逓司もとに1871年官営郵便事業を東京・大阪間で開始した。'72年全国に拡大し,'73年全国均一料金制による全国郵便網を確立。'77年万国郵便連合加盟,'85年逓信省が設置され郵便・電信事業などを轄した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

郵便制度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

郵便制度の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.