Rakuten infoseek

辞書

部曲【かきべ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

部曲
かきべ
とも書く。大和時代 (大化前代) の豪族の私有民。中国奴婢味する。彼らは令制家人,奴婢とは異なり一定の職業もち,だいたい村落単位として豪族に仕え,租税を納め,徭役に従いその隷属する主家の名に「」の字をつけて名字とした自営の民である。また,各豪族は,別に奴隷を所有していたところからみて,部身分はそれほど低いものではなかったであろう。大化改新廃止され,天武朝には公民となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

部曲
ぶきょく
bu-qu
中国,,漢代では「部」「曲」の語はともに軍隊の構成単位。やがて「部曲」と連ねて部隊兵士部下という意味に使われるようになった。六朝では私兵を部曲と称することや,佃客 (でんきゃく) ,衣食客など私家に属する上級賤民をさすことも生じ,六朝からにかけての法制上の部曲は,独立の戸籍をもたなかったが,奴婢とは違い売買されることはなく,生産したものをいくらかは自己の所有とすることができた。宋代以降,部曲の身分層は後退趨勢にあった。なお,日本の律令は唐法の部曲を家人と改めている。『日本書紀』にみられるように部曲の文字が広く豪族私有民の意味に使用されていたからであろう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かき‐べ【部曲/民部】
律令制以前における豪族の私有民。それぞれ職業を持ち、蘇我部・大伴部のように主家の名を上に付けてよばれた。大化の改新後は廃止され、特に天武朝後は公民となった。かき。かきのたみ。→部(べ)部民(べみん)
「丹波、但馬、因幡の私(わたくし)の―を進(たてまつ)る」〈雄略紀〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かき‐の‐たみ【部曲/民部】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶ‐きょく【部曲】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶきょく【部曲】
中国に発し,朝鮮,日本でも歴史的に用いられた語で,豪族などの私賤民や隷属的集団をさすが,その内容は異なる。
[中国]
 部曲の語は本来人間集団の組織を意味し,とくに軍隊組織において大隊を部といい,中隊を曲といった。部曲と連称すれば軍団の意となる。こうした語法は漢代から魏晋南北朝に至る時代,一貫して変わらないが,北周ころから私賤民の一呼称として用いられ,唐代にはそうした用法が定着し,唐およびその前後に多く見られる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

かきべ【部曲】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぶきょく【部曲】
中国、南北朝から隋唐時代にかけて、賤民より上位にあった一種の半自由人。居住・移動の自由はないが、奴婢と異なり売買の対象にはならない。女は客女という。
かきべ(部曲)に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶ‐きょく【部曲】
〘名〙
① くみわけ。区分。くみ。班。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉外「柱礎屋壁の構成を知らずして遽かに一家中の部曲を撿視するが如し」 〔周礼注‐地官・郷師〕
② 中国、漢末から南北朝時代に、軍隊・兵士を意味した語。唐代では階級制度上、非自由民の一種に対する法制用語。主家の戸籍に付載され居住移転の自由がなかったが、奴婢(ぬひ)と異なり売買の対象にはならなかった。〔魏志‐鄧艾伝〕
③ 令制前、中央・地方の豪族が管理した部民。かきべ。〔(718)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

部曲
ぶきょく
唐代の半自由民の呼称
漢代には,部も曲も軍隊編成上の単位で,のち軍隊そのものをさした。三国時代南北朝時代には奴隷より上位の賤民を呼び,そのは客女 (きやくじよ) といわれた。居住・移転の自由はないが,人格は認められ,売買されず,財産も所有できた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

部曲
かきべ
大化以前の豪族の私有民
「民部」とも書き,「かきのたみ」とも読む。臣 (おみ) ・連 (むらじ) ・伴造 (とものみやつこ) ・国造 (くにのみやつこ) など豪族の部民をいう。物品を貢納し労役に従事した。大化の改新(645)で廃止が図られたが,天智天皇が豪族の反抗を懸念してこれを復活。天武天皇に至って再び廃止され,公民となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

部曲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

部曲の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.