Rakuten infoseek

辞書

郡築【ぐんちく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

郡築
ぐんちく
熊本県南部,八代市の北西部にある干拓地。旧村名。 1954年八代市に編入。面積 10.5km2日置川と球磨川三角州上の分流である前川にはさまれた地。 1904年に完成。大正末から昭和にかけて,大きな小作争議があったことで有名。スイカ,トマトなどの施設園芸が盛ん。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

郡築
ぐんちく
熊本県八代市(やつしろし)の北西部にある地区。明治後期の干拓で造成された新開地。潮止め工事の完成は1904年(明治37)であるが、村立ては球磨(くま)川右岸からの用水路開削の完成後の1909年と遅い。地名が示すように、干拓造成の動機は、郡制施行に伴う八代郡民全体の財産づくりと福利増進にあった。1063ヘクタール余の造成地への入植者は、郡費にあてる徳米の負担を前提に公募された。郡築村民すべて小作人である状況のなかで、1921年(大正10)郡制が廃止され、徳米負担の根拠が崩れたことが公益事業組合という法人「地主」と、村民である小作人との対立を生み、郡築小作争議(1924~1931)の舞台になった。他方、土地利用面では、大正末に導入された水稲晩化栽培法がイグサ栽培だけでなく、カボチャやタマネギの産地形成を容易にした。現在は、米作、野菜栽培のほか、トマト、キュウリ、イチゴ、プリンスメロンの施設園芸地帯となっている。[山口守人]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

郡築」の用語解説はコトバンクが提供しています。

郡築の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.