Rakuten infoseek

辞書

郡稲【グントウ】

デジタル大辞泉

ぐん‐とう〔‐タウ〕【郡稲】
律令制で、各郡に置かれた官稲農民に貸し出して、利息を郡の経費に充てた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぐんとう【郡稲】
古代の官稲の一種。諸国の郡ごとに置かれ,国司の管理のもとに出挙(すいこ)息して国衙の諸用途に充てられた出挙稲。その創設年代は明らかでないが,おそらく国郡制の創設された大化年間にさかのぼるであろう。712年(和銅5)に諸国の郡稲が乏少したので,正税(しようぜい)より補充したが734年(天平6)の官稲混合令により正税に混合,一本化された。《正倉院文書》に隠岐(天平2年),越前(天平4年),播磨(天平4年?)の郡稲帳が残り,それによって郡稲支出の費目をみると,元日拝朝郡司等食料,正月斎会読経料,年料交易進上物価料,国司部内巡行食料,往来駅伝使食料などの多岐にわたり,国衙の経常経費の主要部分が賄われていたことがわかる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぐんとう【郡稲】
律令制下、官稲の一。郡ごとに蓄え、出挙すいこしてその利を郡の経費にあてた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

郡稲
ぐんとう
律令制下の公出挙稲(くすいことう)の一つ。郡ごとに置かれ、その出挙利稲(りとう)で国郡衙(が)の諸経費をまかなった。郡稲の起源については、令制前の国造(くにのみやつこ)の時代にまでさかのぼるという説と、律令体制成立後に正税(しょうぜい)から分かれたとする説とがある。収支の詳細は、732年(天平4)の越前国(えちぜんのくに)郡稲帳や年次不詳の播磨国(はりまのくに)郡稲帳から知られ、出挙量は正税出挙稲に比べて少なく、支出は伝使食料(でんしじきりょう)、国司部内巡行(じゅんこう)食料、土毛交易価料(どもうこうえきかりょう)など多岐にわたっている。そのため、712年(和銅5)には、郡稲乏少のため大税の一部が割き取られて郡稲の補充がなされている。734年、他の雑官稲(ぞうかんとう)とともに正税に混合されて消滅した。[寺内 浩]
『薗田香融著「郡稲の起源」(岸俊男教授退官記念会編『日本政治社会史研究 中巻』所収・1984・塙書房) ▽山里純一著『律令地方財政史の研究』(1991・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぐん‐とう ‥タウ【郡稲】
〘名〙 令制で、各郡におかれた官稲。出挙(すいこ)してその利を郡の雑用にあてる。郡発稲。
※続日本紀‐和銅五年(712)八月庚子「諸国之郡稲乏少、給用之日有廃闕、冝国大少、割取大税、以充郡稲、相通出挙所息之利、随即宛用

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

郡稲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

郡稲の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.