Rakuten infoseek

辞書

郡司【ぐんじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

郡司
ぐんじ
令制で国の下部行政区画としてのの政務をとる官人。郡司は大化改新の詔にみえる。『大宝令』の規定によれば郡司には大領少領主政主帳の4等官があったが,これは「」 (郡にあたるものと考えられる) の場合には評督,督領,助督などの官であったことが知られる。郡司の任用は国司と異なり任期がなく終身であった。また世襲がかなり認められており,旧国造で郡司に任じられるものが多かった。采女 (うねめ) は郡司の妹などから採用する,と令に定められているのも注目すべきことである。律令制から荘園制への移行に伴い,その権勢は衰えた。 (→郡家 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぐん‐じ【郡司】
律令制で、国司の下でを治めた地方官大領少領主政主帳四等官からなり、主に国造(くにのみやつこ)などの地方豪族が世襲的に任ぜられた。また、特に長官の大領をいう。こおりのみやつこ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こおり‐の‐つかさ〔こほり‐〕【司】
ぐんじ(郡司)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぐんじ【郡司】
律令国家の地方行政組織の基礎単位である郡の官人の総称。広義には長官・次官の大領(たいりよう)・少領(しようりよう)と書記にあたる主政(しゆせい)・主帳(しゆちよう)の四等官(正員)を意味する。狭義には大領・少領のみをいい,この場合は郡領(こおりのみやつこ)といった。郡司制度は,孝徳朝に出現し持統朝には全国的に整備されたと思われる評(こおり)の制度を継承した郡制と同様,評督(長官),助督(次官)あるいは評造と呼ばれた評の官制を基礎に,701年(大宝1)の大宝令によって成立した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぐんじ【郡司】
律令制で、国司の下にあって郡を統治した地方官。大領(長官)・少領(次官)・主政・主帳の総称。こおりのつかさ。
特に、大領・少領の称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぐんじ【郡司】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

郡司
ぐんじ
律令制(りつりょうせい)下において、国司の管轄下にあって郡務を担当した地方官。大宝令(たいほうりょう)制定以前に郡は評(ひょう)と記し、長官を評督(ひょうとく)、次官を助督(じょとく)といい、実務担当者を置く三等官制であった(天武(てんむ)朝以降四等官(しとうかん)制となる)。なお評の官人を評造(こおりのみやつこ)ともいった。大宝令の施行後、評は郡に改め、長官を大領(だいりょう)、次官を少領(郡領と称す)として、主政、主帳を実務担当者とするが、郡の規模により郡司の定員に差がある。郡領の補任(ぶにん)は、性識清廉にして時務に堪える者を、主政、主帳は書算に巧みな者をあてる才用主義を令の原則としたが、おおむね譜第(ふだい)主義により、国造(くにのみやつこ)や県主(あがたぬし)などの伝統的地方豪族の子弟が世襲的に郡領に補任された。その郡領は終身官で、郡領に補任されると、無位であってもただちに従(じゅ)八位上、従八位下を授けられる官位非相当の官である。また郡領には職分田(しきぶんでん)が与えられるが、大領のそれは国守よりも多く、その子弟は優先的に国学に入学できるなど、多くの特権を与えられた。しかし主政、主帳にはこのような特典はない。それに彼らは身分的に郡領と差異が大きく、郡領に昇進するのも容易ではなかった。郡司制は、とくに補任の方法(才用、譜第主義)をめぐって変遷があったが、9世紀初頭に譜第主義に定着した。そのころから正任郡司のほかに、権任(ごんにん)、員外、擬任(ぎにん)の郡司が置かれ、一郡に複数の擬任郡司が置かれたが、10世紀に入ると国司代、国目代(もくだい)がそれにかわり、それらが11世紀以降の在庁官人へと発展したのである。そのころに郡司も一郡一員制になった。[米田雄介]
『米田雄介著『郡司の研究』(1976・法政大学出版局)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぐん‐じ【郡司】
〘名〙 (「ぐんし」とも)
① 令制下の地方官。国司の下で、一郡を統治した。大化改新(六四五)に始原があるが、大宝令以後は大領・少領・主政・主帳の四等官で構成される。郡司は以前の国造の系譜を引く現地の豪族が優先的に補任され、終身官で代々世襲された。これは律令制の他の官職に比べ、極めて顕著な特徴である。郡職。
※続日本紀‐天平一一年(739)五月甲寅「諸国郡司、徒多員数、無任用、侵損百姓蠧実深、仍省旧員改定」
② ①の長官。郡の大領を意味する。
※宇治拾遺(1221頃)九「郡の司にやどをとれり。〈略〉あるじの郡司は、郎等引具して出ぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぐんじ【郡司】
(「ぐんし」とも) 姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

郡司」の用語解説はコトバンクが提供しています。

郡司の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.