Rakuten infoseek

辞書

郎君【ロウクン】

デジタル大辞泉

ろう‐くん〔ラウ‐〕【郎君】
年若く身分の高い男子や主家の息子などを敬っていう語。わかとの。
「―の御後見を致すべき、御委托を蒙り」〈竜渓経国美談
妻や情婦から夫や情夫をさしていう語。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ろうくん【郎君】
年若い男子を敬っていう語。 「 -独ひとり寂莫せきばくですたい/吾輩は猫である 漱石

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いら‐つ‐きみ【郎君】
※釈日本紀(1274‐1301)一八「坂田耳子(さかたのみみこ)郎君 イラツキミ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろう‐くん ラウ‥【郎君】
〘名〙
① 年わかい貴公子、また、主家の息子を敬っていう語。わかとの。
※三国伝記(1407‐46頃か)九「行き去て後、我家中に在て日々に五百人の僧斉を設く」 〔李商隠‐九日詩〕
② 妻や情婦からその夫や情夫を呼ぶ語。また、単に夫や情夫。遊女が相手客をいう場合もある。
※北里歌(1786か)「暁雲窓外雪漫々、留得郎君帰思寛」 〔剪燈新話‐金鳳釵記〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

郎君」の用語解説はコトバンクが提供しています。

郎君の関連情報

他サービスで検索

「郎君」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.