Rakuten infoseek

辞書

那覇【ナハ】

デジタル大辞泉

なは【那覇】
沖縄県、沖縄島南西部の市。県庁所在地琉球王都の首里(しゅり)の外港として発展。第二次大戦後は、昭和47年(1972)の沖縄返還までアメリカ軍政の中心地壺屋焼紅型(びんがた)などを特産。昭和29年(1954)首里市を、昭和32年(1957)真和志(まわし)市を編入。人口31.6万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

那覇
沖縄県那覇市にある、琉球料理料亭。1949年開業。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

なは【那覇】
沖縄県、沖縄島南部、東シナ海に面する市。県庁所在地。王城のあった首里を合併、県の行政・政治・文化の中心地。琉球王朝時代から貿易港として発展。伝統産業に紅型びんがた・壺屋焼・漆器・泡盛などがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なは【那覇】
沖縄県沖縄島南部の地名。県庁所在地。東シナ海に面する。琉球王国の首都首里の外港として発展。慶長一四年(一六〇九)琉球が薩摩藩の属国となり、対中国貿易のみに限定されて衰えた。明治一二年(一八七九)沖縄県の設置とともに県庁所在地となる。大正一〇年(一九二一)市制。第二次世界大戦後は琉球政府・アメリカ民政府の所在地となり、昭和二九年(一九五四)には首里市を合併。同四七年(一九七二)日本復帰とともに沖縄県の県庁所在地となる。泡盛(あわもり)・紅型(びんがた)・琉球がすりなどを特産。那覇港・那覇空港などがあり、玉陵(たまおどん)・波上宮・崇元寺跡・園比屋武御嶽(そのひやんうたき)・守礼門などがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

那覇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

那覇の関連情報

他サービスで検索

「那覇」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.