Rakuten infoseek

辞書

還元糖【カンゲントウ】

デジタル大辞泉

かんげん‐とう〔クワンゲンタウ〕【還元糖】
分子内に遊離性のアルデヒド基ケトン基をもち、還元性を示す糖類。ぶどう果糖麦芽糖など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

還元糖
 物質を還元する力のある糖.分子内のアルデヒド基やケトン基が還元性を示すが,ショ糖のように反応する原子団グリコシド結合することによって還元性を示さなくなるものもある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かんげんとう【還元糖】
フェーリング液を還元するなどの還元性を示す糖類の総称。グルコース(ブドウ糖)などの単糖類や、二糖類であるマルトース(麦芽糖)などは還元糖であるが、二糖類のうちでもスクロース(ショ糖)などは還元糖ではない。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

還元糖
かんげんとう
分子中にアルデヒド基(-CHO)、あるいはケトン基(-CO-)をもち、還元性のある糖のこと。ブドウ糖、果糖、麦芽糖などが代表的。還元糖はアミノ酸と化学反応をおこしやすい。とくに、加熱によるアミノカルボニル反応によって褐色物質のメラノイジンをつくる。また、食品の褐変(かっぺん)の原因となりやすい。たとえば、梅酒にブドウ糖などの還元糖を含む上白糖や蜂蜜(はちみつ)を使用すると、短期間に褐変する。砂糖は非還元糖であるが、酸とともに加熱するとブドウ糖、果糖に分解するため、還元性が生ずる。[河野友美・山口米子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんげん‐とう クヮンゲンタウ【還元糖】
〘名〙 還元する力をもつ糖類。葡萄糖(ぶどうとう)、果糖、麦芽糖など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

還元糖
カンゲントウ
reducing sugar

カルボニル基が分子内ヘミアセタール形成能をもつ単糖やオリゴ糖の総称.図示したように,還元糖は直鎖構造のほかに,還元性の基本であるアルデヒド基(アルドース)やケトンの特性基(ケトース)が分子内のγ-位やδ-位のヒドロキシ基と付加環化した五員環(フラノース)や六員環(ピラノース)構造の形成が可能であり,そのうえ,環化で新しくできたヒドロキシ基が環の下方(α形)に位置するか上方(β形)に位置するかによって,計5種類の構造をとりえる.これらは溶液中で平衡関係にあるので,条件によって変旋光を示す.グリコシド化のような化学反応による構造の固定化によってのみそれぞれの単離が可能である.遊離の単糖はすべて還元糖であり,アルカリ性溶液中で重金属塩(フェーリング液,アンモニア性硝酸銀溶液など)を還元する.アルカリ性溶液中では不安定で,エピマー化などの異性化や分解が起こる.ヒドラゾンオサゾンなどの誘導体をつくる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

還元糖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

還元糖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.