Rakuten infoseek

辞書

遺書【イショ】

デジタル大辞泉

い‐しょ〔ヰ‐〕【遺書】
死後のために書き残す文書や手紙。書き置き。遺言状
後の世に残した書物。遺著。
方々に散りうせた書物。
[補説]書名別項。→遺書

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いしょ【遺書】[書名]
河内仙介小説。昭和16年(1941)刊。翌年成瀬巳喜男監督により「は死なず」の題名で映画化。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いしょ【遺書】
故人が死後のことを考えて書いた手紙や文書。
後世に残した著作。遺著。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

遺書
いしょ
死後のために書き残す書面をいい、遺言(いごん)状、「かきおき」ともいう。遺産の処分、遺族への訓戒、そのほか内容は多種多様でありうるが、それが法律的に効力をもちうるためには、民法に決められている一定の方式によらなければならないし(民法960条)、また内容も民法に決められている事柄に関するものでなければならない。したがって、兄弟仲よくせよとか、遺骨を埋める場所を指定するなどの内容が書かれていても、倫理的な拘束は別として、法律的には拘束力がない。[高橋康之・野澤正充]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

い‐しょ ヰ‥【遺書】
〘名〙
死後のために書きのこした文書。かきおき。遺言状。
※随筆・文会雑記(1782)三「其夜忽自殺せり。遺書もなし」
後世にのこした著書。遺著。また、死後に残した蔵書、書物。
※大学垂加先生講義(1679)「遺書は其人死して其書のこれる也」 〔陶潜‐感士不遇賦〕
③ あちこちに散らばってなくなってしまった書物、文書。〔漢書‐芸文志

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆい‐しょ【遺書】
〘名〙 (「ゆいじょ」とも) 死後のために書き残した文書。いしょ。
※羅葡日辞書(1595)「Legâtor〈略〉Yuijo(ユイジョ) シテ モノヲ ユヅル ヒト」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遺書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遺書の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.