Rakuten infoseek

辞書

遺伝子操作【いでんしそうさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

遺伝子操作
いでんしそうさ
gene manipulation / gene recombination
任意の生物遺伝子 DNA (デオキシリボ核酸 ) をベクター (遺伝子の運び役) となる DNAに結合させ,それを異種細胞 (宿主) に導入して増殖させる方法。遺伝子組み換え,組み換え DNA技術ともいう。 1973年スタンフォード大学のスタンリー・コーエンらによって基礎的技術が確立された。適当な制限酵素切れ目を入れたベクターに同じ種類の制限酵素で処理した任意の DNA分子を挿入し,DNA連結酵素によって結合させたのち,ベクターを取り込みやすくした生細胞に取り込ませる。もともとは分子生物学の研究手法として開発され,遺伝子 DNAの研究に大きく貢献している。この方法によってヒトホルモンなど有用物質を細菌その他の細胞で生産させることが可能であることからバイオテクノロジーの中核技術ともなっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いでんし‐そうさ〔ヰデンシサウサ〕【遺伝子操作】
遺伝子を人為的に組み換えたり、それを生細胞に移入したりして操作すること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

遺伝子操作
 遺伝子工学という場合も多い.組換えDNAともいい,異種のDNAを試験管内で作ったり,本来生物のもつDNAを改変したりすること.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いでんしそうさ【遺伝子操作 gene manipulation】
広義には,生物の遺伝子およびその組合せを人為的に変化させること。最も古い形は,植物の栽培と動物家畜化である。これは,自然集団から有用な形質を持つ個体または集団を選ぶことであったが,それによって集団の遺伝子構成が変化しただけでなく,育種が可能になり,以後の人為交雑への道が開けたのである。現代に至って,放射線や種々の化学物質が突然変異起することが明らかになり,これらの変異原を用いた突然変異育種も行われるようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いでんしそうさ【遺伝子操作】
遺伝子を人工的に組み換えたり、大腸菌などの宿主細胞に導入して増殖させたりすること。遺伝子工学の基礎となる技術。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

遺伝子操作
いでんしそうさ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いでんし‐そうさ ヰデンシサウサ【遺伝子操作】
〙 遺伝子を人為的に組み換えたり、それを生細胞に移入したりして操作すること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六訂版 家庭医学大全科

遺伝子操作(組み換えDNA)
(遺伝的要因による疾患)

 遺伝子の本体はDNAという分子です。したがってどのような生物の細胞からでもDNAを取り出して、単なる物質として扱い、いろいろな操作を加えることができます。生物の種類が異なると遺伝子のもつ情報であるヌクレオチドの配列は違っていますが、細胞から取り出してしまえばDNAとしては同じ構造をもっています。異なる生物のDNA同士をつなぎ直して自然界には存在しない雑種のDNAをつくることが可能です。こうしてできた雑種のDNAを組み換えDNAと呼んでいます。

 組み換えDNAをつくるには、まずDNAの末端の構造、つまり切り口が同じになるように、制限酵素という酵素で特定の配列をもった部分でDNAを切断します。切り口のそろった2種類のDNAを混ぜ合わせ、リガーゼという酵素で再び結びつけます。2種類のDNAが結合した組み換えDNAは、そのままでは増やすことができないので、細胞のなかにもどしてやります。

 細胞内で増やすために、組み換えDNAをつくる時の一方のDNAはベクターと呼ばれる特殊なDNAを用います。ベクターは細胞のなかでDNAを複製するための配列と、取り込んだ組み換えDNAを選び出すための遺伝子(たとえば抗生剤に抵抗性の遺伝子)をもっている必要があります。ベクターに人為的に結合された異なる生物由来のDNA(外来DNA)は、ベクターが細胞内で複製することによって同様に増殖します。制限酵素で切断したある生物のDNAは大きさの異なるいろいろな断片になっていますが、ベクターに結合したあと別々の細胞に入り込みます。組み換えDNAを受け取った細胞を増殖させコロニー(ひとつの細胞由来の集合体)を形成させると、個々のコロニーのもつ外来DNAは大きさも種類も異なることになります。

 このように組み換えDNAを用いた遺伝子操作によって、ヒトを含むどのような生物由来のDNAも、研究できる小さなサイズのDNAに分けて個別に取り出すことができるようになっています。

出典:法研「六訂版 家庭医学大全科」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遺伝子操作」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遺伝子操作の関連情報

関連キーワード

核酸組換えDNADNA鑑定遺伝子クローニングと遺伝子増幅遺伝子工学DNA遺伝子ゲノム・遺伝子・染色体の関連放射線療法

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.