Rakuten infoseek

辞書

選定相続【せんていそうぞく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

選定相続
せんていそうぞく
あらかじめ相続者を決めておかないで,相続の時点が選定したり,子供同士の相談によって相続者を決定する形態をいう。日本では瀬戸内海沿岸地域や九州奄美などに顕著に認められる。奄美では,どの子供にを取ってもらいたいかという親の願望と,子供たちの事情に基づいて相続者が選定される。相続者として決定すると,親の家に戻り,財産や祖先祭祀を受け継ぐことになる。この形態では,兄弟には対等な相続の可能性が残されており,長男と次男以下の地位の不平等を前提とする家族制度にはなじまない相続形態である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんていそうぞく【選定相続】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

選定相続」の用語解説はコトバンクが提供しています。

選定相続の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.