Rakuten infoseek

辞書

遵西【じゅんさい】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

遵西 じゅんさい
?-1207 鎌倉時代の僧。
浄土宗。法然(ほうねん)の弟子声明(しょうみょう)にすぐれる。建永元年京都鹿ケ谷で住蓮とともに六時礼讃の念仏をとなえる。後鳥羽(ごとば)上皇のふたりの女房(松虫,鈴虫)がそれに感化されて出家したため,上皇の怒りをかい,建永2年2月9日六条河原で死罪となった。法然も土佐流罪となった。俗名は中原師広。号は安楽房。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

遵西」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遵西の関連情報

関連キーワード

源空道元の母承元アセン兄弟道元ディグリー・ミル卸売市場安喜門院九条兼実建永

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.