Rakuten infoseek

辞書

適応放散【てきおうほうさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

適応放散
てきおうほうさん
adaptive radiation
H.オズボーンにより提唱された (1917) 進化現象。同一の原種生物が,種々の異なった環境にすむと,それぞれの環境に適した生理的,形態的分化を起し,多数の異なった系統に分れること。時間の経過とともにその効果は強まる。この現象は地質時代を通じて数多く起り,爬虫類哺乳類について,生活の場所に関しては地上地下水中,半水中,樹上空中に,また食性については草食肉食,雑食などに放散した。オーストラリア大陸での多種類の有袋類マダガスカル島の原猿類は例として有名で,生物が閉鎖的環境におかれると適応放散が著しく進むことが示される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てきおう‐ほうさん〔‐ハウサン〕【適応放散】
同類の生物が、さまざまな環境に適応して多様に分化し、別系統になること。オーストラリア大陸の有袋類が好例。他に、アフリカのタンガニーカ湖シクリッドなど。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典

適応放散【adaptive radiation】
オズボーン(H. F. Osborn)が古生物学上の資料に基づいて提唱した進化のタイプ.異なった環境において,ある一つの系統の生物がそれぞれに適した機能上の分化を起こし,多数の系統に分かれてくること.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てきおうほうさん【適応放散 adaptive radiation】
同一の起源をもつ生物の分類群が地球上の種々の異なった環境に適応する過程で,食性や生活様式に応じて著しい形態的分化を起こす現象をいう。1917年にH.F.オズボーンがティタノテリウムTitanotheriumの研究を通して認めたのに始まるが,地質時代を通じて種々のレベルの分類群にしばしば見られる現象で,進化学上の有効な概念となっている。オーストラリア大陸では未熟の状態で生まれる子を育児囊で保育する有袋類が適応放散し,フクロネズミ,フクロモグラ,フクロモモンガフクロアリクイコアラカンガルーフクロオオカミなどが,あたかも旧大陸で有胎盤哺乳類が得たと同様のさまざまの生態的地位を獲得した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

てきおうほうさん【適応放散】
進化過程において、生物が異なった環境に適応して多様な形態的・生理的分化を生じ、比較的短い期間内で多数の異なった系統に分岐を強めていく現象。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

適応放散」の用語解説はコトバンクが提供しています。

適応放散の関連情報

関連キーワード

フォード(John Ford(1895―1973))牧野省三有島武郎チャップリンTGE-A型 軍用保護自動貨車アポリネールランデール三菱A型第1次世界大戦レーニン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.