Rakuten infoseek

辞書

遣り手【ヤリテ】

デジタル大辞泉

やり‐て【遣り手】
物事をする人。物事を行う人。「危険な仕事なので遣り手がない」
物を与える人。物をくれる人。「遣り手がいても、もらい手がない」
腕前のある人。敏腕家。「業界きっての遣り手
遊郭で客と遊女との取り持ちや、遊女の監督をする年配の女。花車(かしゃ)。香車(きょうしゃ)。やり。遣り手婆(ばば)。
近世の末期に流行した女性の髪形。やりてむすび。
船をつなぐ綱。もやいづな。
牛を使う人。牛車(ぎっしゃ)を動かす人。
「牛飼は、平家内大臣の童(わらは)を取りてつかひければ、高名の―なり」〈盛衰記・三三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

やりて【遣り手】
する人。 -のない仕事
物を与える人。 -ともらい手
腕前のすぐれた人。仕事のよくできる人。 あの人はなかなかの-だ
妓楼で、遊女の教育・監督、客との応対など、一切を切り回す女性。多くは古手の遊女がなった。花車かしや。やりてばば。
もやいづな。
牛を使う人。牛車を操る人。 牛飼は平家内大臣の童を取り仕ひければ高名の-なり/盛衰記 33
「遣り手結び」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

遣り手
やりて
遊女や禿(かむろ)を監督しつつ身辺の世話をする女。遣り手婆(ばば)ともいう。監督しやすいように遊女屋の二階の上り口に遣り手部屋があるので「二階のおばさん」ともよばれた。遊女の素行・勤務状況をつねに監視し、遊興費や遊女の貸借勘定を取り扱った。遊女屋・客・遊女の三者間を巧みに切り回す独特の才能が必要で、古参の新造など遊廓(ゆうかく)生活者の中年女がつとめた。固定給は少なく、祝儀収入に頼ることが多かった。[原島陽一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遣り手」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遣り手の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.