Rakuten infoseek

辞書

【エン】

デジタル大辞泉

えん【遠】[漢字項目]
[音]エン(ヱン)(漢) オン(ヲン)(呉) [訓]とおい
学習漢字]2年
〈エン〉
空間的、時間的に隔たっている。とおい。「遠隔遠近遠征以遠永遠望遠悠遠遼遠(りょうえん)
とおざける。「遠心力敬遠
深くて大きい。奥深い。「遠大遠謀高遠深遠
うとい。「遠戚疎遠
遠江(とおとうみ)国。「遠州
〈オン〉とおい。とおざける。「遠国遠流(おんる)久遠(くおん)
[名のり]とお
[難読]遠近(おちこち)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おち〔をち〕【遠/彼方】
遠い所。遠方。
「川より―にいと広くおもしろくてあるに」〈椎本
現在から隔たった時。
㋐以前。昔。
「昨日より―をば知らずももとせの春の始めは今日にぞありける」〈拾遺雑賀
㋑以後。将来。
「このころは恋ひつつもあらむ玉くしげ明けて―よりすべなかるべし」〈・三七二六〉
[補説]元来、遠く隔たった向こうの。代名詞的に、「かなた」「あちら」の意にも用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おと〔をと〕【遠/彼方】
おち(遠)」の音変化。
「大宮の―つ端手(はたで)」〈・下〉
[補説]現代語の「おととし(一昨年)」「おととい(一昨日)」の「おと」もこの語にもとづき、時間的に遠いことの意を表す。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

とお【遠】
〔形容詞「とほし」の語幹〕
「とおつ」「とおの」の形で、または直接に名詞の上に付き、遠いことの意を表す。 「 -つ国」 「 -のみかど」 「 -干潟」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おと をと【遠】
語素〙 「おち(遠)」の変化したもの。「おととし(一昨年)」「おとつはたで」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とお とほ【遠】
〘語素〙 (形容詞「とおい」の語幹相当部分) へただりの程度がはなはだしいこと、とおいこと。また、離れたところを示す。直接名詞、動詞、形容詞に接するほか、連体助詞「つ」「の」を伴った連体用法もある。「遠かがり火」「遠干潟」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とお・い とほい【遠】
〘形口〙 とほ・し 〘形ク〙
[一] 空間・時間のへだたりが大きい。
① 空間・距離のへだたりが大きい。はるかに離れている。へだたっている。
※古事記(712)上「椽に結ひし髪を解かす間に、遠く逃げたまひき」
② 時間のへだたりが大きい。ほど久しい。
(イ) ある時点より過去に大きくさかのぼる。非常に古い。昔に属している。
※万葉(8C後)一九・四一六〇「天地の 遠(とほき)始めよ 世の中は」
(ロ) ある時点より将来にむかってへだたりが大きい。はるか先のことに属している。行く末ながい。
※万葉(8C後)九・一八〇九「遐(とほき)代に 語り継がむと 処女墓 中につくり置き」
(ハ) (「遠き別れ」などの形で) 永久のことに属している。それっきりである。
※源氏(1001‐14頃)御法「事果てておのがじしかへり給ひなんとするもとをき別れめきて惜しまる」
③ (「目が遠い」の形で対象物とのへだたりを普通以上に置いて見るところから) 老眼である。とおめである。
④ (同じ音を聞いても普通より大きなへだたりを感じるところから) 音が小さく聞こえる。耳がよく聞こえない。難聴である。
※日本読本(1887)〈新保磐次〉五「一時は熱の為めに耳さへ遠くなりき」
[二] 抽象的な事柄について、関係が密接でない。
① 心のつながりが緊密でない。親しくない。うとい。
※万葉(8C後)一一・二七〇一「明日香川明日も渡らむ石橋の遠(とほき)心は思ほえぬかも」
② 対象に心が向かない。気がすすまない。迂遠である。
※源氏(1001‐14頃)乙女「学問などに身を苦しめむことはいととをくなむおぼゆべかめる」
③ 関連や関係が浅い。つながりが薄い。縁遠い。
※平家(13C前)灌頂「遠きゆかりはおのづから生き残りたりといふとも」
④ 物事の性質、内容、程度などが似ていない。大差がある。大いに違っている。
※源氏(1001‐14頃)橋姫「世の常の女しくなよびたるかたはとをくやとおしはからるる御有様なり」
※日本文化の雑種性(1955)〈加藤周一〉一「和風からは遠いものである」
とお‐げ
〘形動〙
とお‐さ
〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とおく とほく【遠】
〘名〙 (形容詞「とおい」の連用形から) とおいところ。遠方。
※説経節・さんせう太夫(与七郎正本)(1640頃)中「おさないものの事なれば、よもとをくへはおちまいぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とお・し とほし【遠】
〘形ク〙 ⇒とおい(遠)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遠の関連情報

他サービスで検索

「遠」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.