Rakuten infoseek

辞書

遠方【エンポウ】

デジタル大辞泉

えん‐ぽう〔ヱンパウ〕【遠方】
遠くの方。遠い所。「遠方からの客」「遠方へ旅立つ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おち‐かた〔をち‐〕【遠方】
遠くの所。ずっ向こうの方。
「この目は常に―にのみ迷うようなれど」〈鴎外・文づかひ〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

えんぽう【遠方】
遠いところ。 友-より来たる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おちかた【遠方】
遠い所。遠くの方。 -の赤土はにゆうの小屋にこさめ降り/万葉集 2683

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えん‐ぽう ヱンパウ【遠方】
〘名〙 空間的、時間的に遠く離れたところ。〔文明本節用集(室町中)〕
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)一「母が遠方で死だ時」 〔論語‐学而〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おち‐かた をち‥【遠方】
〘名〙
① ある地点から、遠く隔たっている方角、方向。
※書紀(720)皇極三年六月・歌謡「烏智可(ヲチカタ)の浅野の雉(きぎし)(とよも)さず我は寝しかど人そ響す」
② ある時点から隔たった時。
※大慈恩寺三蔵法師伝永久四年点(1116)五「師の寿命、今自り已去(ヲチカタ)、更に十年可(ばかり)なり」
③ 海外。
※書紀(720)舒明九年是歳(北野本訓)「汝祖等(いましおやたち)、蒼海(あをうなはら)を渡り、万里(とほきみち)を跨(あふとこ)びて水表(ヲチカタ)の政(まつりこと)を平(ことむ)けて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おち‐つ‐かた をち‥【遠方】
〘名〙 以後。以下。
※評判記・色道大鏡(1678)一三「それよりをちつかたの事をかたる内に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とお‐じ とほぢ【遠方】
〘名〙 遠い所。はるかな方。えんぽう。おちかた。
※国基集(1102頃)「春ふかくまだ霞けるふる郷のとをちの山をほのもみましや」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とお‐ち とほ‥【遠方】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遠方」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遠方の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.