Rakuten infoseek

辞書

遠心分離機【えんしんぶんりき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

遠心分離機
えんしんぶんりき
centrifuge
高速度で回転している遠心力場では,重力加速度よりはるかに大きい遠心加速度が作用する。この遠心力場で行う固-液 (固体液体) ,液-液などの機械的分離を行う機械をいう。おもなものに遠心脱水機 centrifugal filterと,遠心沈降機 centrifugal settling machineがある。 (1) 遠心脱水機は適当なろ材をつけた有孔板でつくられた回転円筒の内部に,たとえば結晶粒を含んだ液体を入れて高速で回転すると,液体のみがろ材を通して筒の外部に放出される。 (2) 遠心沈降機は孔のない回転円筒を回転させると,比重の大きい結晶粒などは円周側に,液体は中心部に集る作用を利用して分離する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えんしん‐ぶんりき〔ヱンシン‐〕【遠心分離機/遠心分離器】
遠心力を利用して、密度の異なる2種の液体、または液体と固体などの混合物を分離する装置遠心機

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えんしんぶんりき【遠心分離機 centrifuge】
回転する遠心力を利用して,混合状態にある固体と液体,液体と液体などを分離する機械。基本的な構造は,家庭にある洗濯物用の脱水機と同じで,回転する容器(ボウルという)とこれを囲うケーシングとから成る。回転容器はふつう円筒形で,上述の脱水機のように筒壁部分に孔のあるものと,孔のないものの2種ある。前者は結晶や沈殿物を含む液体(懸濁液スラリー)の分離用,後者は懸濁液だけでなく,2相の状態で共存する液体混合物(乳濁液)の分離の両用がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えんしんぶんりき【遠心分離機】
固体と液体、または液体と液体の混合物から、それぞれを分離する装置。容器を回転させて遠心力を働かせ、被分離物の密度の差を利用して分離する。遠心機。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

遠心分離機
えんしんぶんりき
遠心力を利用して、混合している液体と固体を分離したり、または濾過(ろか)する機械。水分を含んでいる洗濯物から水分を取り除くために、電気洗濯機に付属している回転する円筒(脱水機)も遠心分離機の一種である。遠心分離機は回転する容器からできている。このうち回転円筒に穴のあいていないものは、微粒子、コロイドなどを比重の差を利用して分離するのに使用される。たとえば牛乳の脱脂、血漿(けっしょう)の分離などである。この際は毎分5000~1万回転の高速回転をする。脱水機のように円筒に穴のあいているものは、濾過用として使われ、遠心濾過機ともいう。砂糖の結晶分離、ジュースの液を清澄にするときなどに利用されている。
 遠心分離機は、重力の何倍の遠心力を生じるかによってその性能が表される。これを遠心効果とよんでいる。すなわち、
 遠心効果=(遠心加速度)/(重力の加速度)である。
 遠心力の大きさは、質量×半径×(角速度)2で表されるから、したがって遠心効果は、遠心分離機の半径と回転速度によって決まる。回転速度は毎分1000回転から数万回転のものまである。遠心効果100以下のものを低速遠心分離機、1万程度のものを高速遠心分離機、10万以上のものを超遠心分離機という。遠心分離機は、選鉱、製薬、食品など工業用に広く使用されている。[中山秀太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えんしん‐ぶんりき ヱンシン‥【遠心分離機】
〘名〙 回転による遠心力を利用して、固体と液体、または比重の異なる液体などを分離する装置。分離、分析、定量、濾過、脱水、濃縮、精製などの目的に広く用いられる。遠心機。
※春の城(1952)〈阿川弘之〉一「微研の部屋で遠心分離器をいじったり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遠心分離機」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遠心分離機の関連情報

他サービスで検索

「遠心分離機」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.