Rakuten infoseek

辞書

遠国奉行【おんごくぶぎょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

遠国奉行
おんごくぶぎょう
江戸幕府の職名。幕府直轄領の要地に関する政務を行なった奉行総称。京都,大坂伏見駿府などの町奉行や長崎,山田,日光,奈良,堺,佐渡下田浦賀箱館などの諸奉行をいう。大名がなる伏見奉行以外は旗本が任命された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えんごく‐ぶぎょう〔ヱンゴクブギヤウ〕【遠国奉行】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おんごく‐ぶぎょう〔ヲンゴクブギヤウ〕【遠国奉行】
江戸時代、幕府直轄の要地に配した奉行の総称。京都・大坂・駿府(すんぷ)の町奉行のほかに、長崎・伏見・堺・奈良・山田・日光・下田・浦賀・新潟・佐渡・箱館などの各奉行を含み、伏見奉行は大名が、その他は旗本がその任にあたった。えんごくぶぎょう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おんごくぶぎょう【遠国奉行】
江戸幕府の地方行政を担当する諸奉行の総称。老中支配に属し,幕府直轄の要地に配された。京都・大坂・駿府の町奉行,伏見・奈良・堺・山田・日光・下田・浦賀・新潟・佐渡・長崎・箱館(はじめ蝦夷・松前奉行),幕末に新設の兵庫・神奈川などの諸奉行をいう。伏見の大名クラスを除き上層旗本から任命され,江戸と現地交代の2人制をとり,与力,同心,地役人を属僚とした。知行高1000~2000石。役料500~2000俵を支給され,奉行間の交流,中央の諸奉行や幕閣への昇進の道が開かれていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えんごくぶぎょう【遠国奉行】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おんごくぶぎょう【遠国奉行】
江戸幕府の職名。幕府の重要直轄地に置かれた奉行の総称。老中の支配。京都・大坂・駿府の町奉行と伏見・佐渡・長崎・堺・山田・奈良・日光・浦賀・下田・新潟・箱館・神奈川・兵庫の各奉行を含む。伏見奉行は大名から、他は旗本から任ぜられた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

遠国奉行
おんごくぶぎょう
江戸幕府直轄の要地に配された諸奉行の総称。寺社奉行、町奉行、勘定奉行などの中央在勤の奉行に対し、地方在勤の奉行を一般にこう称したもので、遠国奉行なる職制があったのではない。京都、大坂、駿府(すんぷ)(静岡市)の各町奉行、浦賀(うらが)、下田(しもだ)、神奈川(幕末)、甲府(幕末)、日光、新潟、佐渡、山田、奈良、伏見(ふしみ)、堺(さかい)、兵庫(幕末)、長崎、箱館(はこだて)(幕末、初め蝦夷(えぞ)奉行、松前奉行などと称した)の各奉行をいう。その成立年代は区々である。老中の支配に属し、配下の与力(よりき)・同心(どうしん)らを指導して行政、司法、警察の職務を遂行した。京都・大坂の町奉行は東西に分かれて隔月交代、日光・佐渡・長崎の奉行は江戸より半年あるいは隔年交代で勤務した。伏見奉行は大名(だいみょう)役であり、定員1名、持高、役料3000俵、芙蓉間席(ふようのませき)・従五位下諸大夫(じゅごいのげしょだいぶ)、ほかの奉行は旗本役であり、定員1名から数名、役高1000石から2000石、役料500俵から2000俵、芙蓉間席・布衣(ほい)あるいは従五位下諸大夫であった。この職からは中央の有力な諸職に転出することができた。以上の諸奉行のほかにも、羽田(はねだ)(武蔵(むさし))・三崎(相模(さがみ))・走水(はしりみず)(同上)・清水(しみず)(駿河(するが))・荒井(遠江(とおとうみ))・本坂(ほんさか)(同上)の各奉行、大津町奉行(近江(おうみ))・大津蔵奉行(同上)などがあったが、早い時期に廃止された。[北原章男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えんごく‐ぶぎょう ヱンゴクブギャウ【遠国奉行】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おんごく‐ぶぎょう ヲンゴクブギャウ【遠国奉行】
〘名〙 江戸幕府の役人中、江戸を離れ、幕府直轄地の要地を支配した奉行を総称する語。京都、大坂、伏見、駿府、長崎、浦賀、神奈川、箱館、奈良、山田、堺、佐渡、新潟、日光、下田の各奉行などがある。伏見奉行が大名から任ぜられるほかは旗本から任ぜられた。
※禁令考‐前集・第四・巻三三・寛政三年(1791)九月「遠国奉行え評定所出座之儀に付御書付」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遠国奉行」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遠国奉行の関連情報

他サービスで検索

「遠国奉行」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.