Rakuten infoseek

辞書

遠侍【トオサブライ】

デジタル大辞泉

とお‐さぶらい〔とほさぶらひ〕【遠侍】
武家の屋敷で、主屋から遠く離れた中門のわきなどに設けられた警護の武士の詰め所。とおさむらい外侍(そとさぶらい)。→内侍(うちさぶらい)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とおざむらい【遠侍】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とおさぶらい【遠侍】
中世・近世の武家の屋敷で、主殿から離れた中門の近くに位置する、当番の侍の詰め所。外侍。とおさむらい。 ⇔ 内侍主殿造り

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とお‐さぶらい とほさぶらひ【遠侍】
〘名〙 武家の屋敷で、主殿から離れたところに設けられた警護の武士の詰所。内侍(うちさぶらい)に対していう。そとさぶらい。とおさむらい。とざむらい。とさぶらい。⇔内侍(うちさぶらい)
※金刀比羅本平治(1220頃か)下「玄光法師と金王丸とをば遠侍(トヲサブラヒ)にて若者共中にとり籠」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とお‐さむらい とほさむらひ【遠侍】
※天理本狂言・鶏聟(室町末‐近世初)「ともの衆をばとうさむらいへよび入いと云」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遠侍」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遠侍の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.