Rakuten infoseek

辞書

道蔵【どうぞう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

道蔵
どうぞう
Dao-zang
道教の経典を集めたもの。仏教における大蔵経結集に対抗して,唐以後数次にわたって結集された。洞真部,洞玄部,洞神部の3洞と,太玄,太平,太清,正一の4部とに分類される。代表的なものとしては『太上洞淵神呪経』『太平経』『老子道徳経』などがある。戦乱火災などにあってたびたび散逸し,現存するのは明の正統年間に編纂され,万暦年間に増補されたもので,全部で 5485巻である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

どうぞう〔ダウザウ〕【道蔵】
中国の道教経典の集成。現存のものは明代の「正統道蔵」(5305巻、1445年刊)と「万暦続道蔵」(180巻、1607年刊)を合わせたもの。全体は洞真部・洞玄部・洞神部の正経三洞と、太玄部など、四輔とからなる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

道蔵 どうぞう
?-? 百済(くだら)(朝鮮)の僧。
天武朝に来日し,成実(じょうじつ)宗をつたえる。天武天皇12年(683),持統天皇2年の2度にわたり雨ごいをして効果があったという。養老5年(721)仏教界の指導者として80歳をこえたので,元正天皇より施し物をうけた。同時期に名のみえる道寧(どうねい)と同一人物とみられる。「成実論疏」をあらわしたが現存しない。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

どうぞう【道蔵 Dào zàng】
中国で,道教の経典を集成したものをいい,仏教の〈一切経〉〈大蔵経〉に相当する。現行の《道蔵》は明の《正統道蔵》と《万暦続蔵》とを合わせたもので,512,5485巻ある。明の成祖は永楽年間(1403‐24)に正一教の第43代天師(教主)張宇初に道蔵の編纂を命じた。この事業は北京で継続され,英宗の代1444年(正統9)にようやく刊行にこぎつけ翌年完成した。これが《正統道蔵》480函,5305巻であり,上諭を付して北京の白雲観を初め各地の道観に下賜された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

どうぞう【道蔵】
仏教の大蔵経にならって道教の経典を集大成したもの。現行本は1607年に成立。五四八五巻。洞真・洞玄・洞神の三洞部よりなり、それぞれ細かく分類されている。大部分は唐以後の作で著述年代が不明の経典が多い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

道蔵
どうぞう
道教の経典を集成したもので、仏教の一切経(いっさいきょう)、大蔵(だいぞう)経に相当する。道教の歴史は後漢(ごかん)末の太平道(たいへいどう)、五斗米道(ごとべいどう)から発するが、仏教の影響下にその教理形成が進展し、経典の数が飛躍的に増加したのは、5世紀以降初唐に至る時期であった。その結果、唐の玄宗の開元(かいげん)年間(713~741)に最初の道蔵『三洞瓊綱(さんとうけいこう)』が編纂(へんさん)された。以後、道教の歴史的展開に伴う経典の増加や、たび重なる戦乱による道蔵の散逸に対応して、宋(そう)・金・元にわたって数次の道蔵編纂と刊行が行われた。現行の道蔵は1444年(明(みん)、正統9)に刊行された『正統道蔵』480函(かん)、5305巻と、1607年(明、万暦35)に続刊された『万暦(ばんれき)続蔵』32函、180巻とをあわせたものである。なお今日一般にみられるのは、1923年から26年にかけて上海(シャンハイ)の涵芬楼(かんぶんろう)が北京(ペキン)の白雲観蔵本をもとに影印した上海版の道蔵である。
 現行道蔵は、全体を洞真(とうしん)部、洞玄(とうげん)部、洞神(とうしん)部の三洞と、太玄(たいげん)部、太平(たいへい)部、太清(たいせい)部、正一(しょういつ)部の四輔(しほ)との七部に大別し、さらに三洞それぞれのなかを本文、神符、玉訣(ぎょくけつ)、霊図、譜録(ふろく)、戒律、威儀(いぎ)、方法、衆術、記伝、讃頌(さんしょう)、表奏の12類に細分する。この三洞四輔の分類は、呪術(じゅじゅつ)的な基盤のうえに徐々に道家哲学や仏教教理などを加えて歴史的に形成されてきた道教教理を、洞真部は元始天尊所説の大乗、聖人の教え、洞玄部は太上(たいじょう)道君所説の中乗、真人の教え、洞神部は太上老君所説の小乗、仙人の教えとし、これに四輔を補助的に配して共時的に体系化しようとした初唐の道教教理学の教相判釈に基づくもので、あくまでも歴史的限定性をもった分類範型であった。したがって唐代では教理体系と分類原理との間に高い整合性が存したが、その後の道教教理の展開はおのずから別種の分類原理を必要としている。現行道蔵の経典分類が混乱しているのは、たび重なる散逸・再編の影響もさることながら、この点に最大の原因がある。[麥谷邦夫]
『窪徳忠著『道教史』(1977・山川出版社) ▽福井康順著『道教の基礎的研究』(1952・書籍文物流通会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どうぞう ダウザウ【道蔵】
中国の道書を集大成した叢書。一般には、明の正統年間(一四三六‐四九)に編纂され白雲観に蔵された正統道蔵五三〇五巻と、万暦年間(一五七三‐一六一九)に続修された万暦続蔵一八〇巻を加えたものをいう。洞真部・洞玄部・洞神部の三部が、さらに一二類に細分されている。民国一二~一五年(一九二三‐二六)に白雲観本を上海で影印出版。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

道蔵
どうぞう
道教経典の集成
仏教の大蔵経にならったもの。編集は唐代から始まり,宋代に盛んになった。明代に永楽帝の命により編纂が開始された5485巻が現存。わが国の宮内庁にもその大部分が保存されている。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道蔵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

道蔵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.