Rakuten infoseek

辞書

道昭【どうしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

道昭
どうしょう
[生]舒明1(629)
[没]文武4(700)
飛鳥時代の法相宗俗姓は船連。出家して元興寺に住し,戒行を修した。白雉4 (653) 年入玄奘師事し,その高弟である窺基親交を結んだ。また玄奘の紹介で隆化寺の恵満にし,経論若干をたずさえて帰朝。天智1 (661) 年元興寺の境内禅院を創立し経巻を安置,法相を広めた。日本における法相宗の初伝で,この法系を南寺伝と呼ぶ。晩年は諸国行して渡船,架橋その他社会事業に尽した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

どうしょう〔ダウセウ〕【道昭】
[629~700]飛鳥(あすか)時代の法相(ほっそう)宗の僧。河内(かわち)の人。入唐して玄奘(げんじょう)に学び、帰国後、元興寺に禅院を建立し、初めて法相宗を伝えた。遺命により日本最初の火葬に付された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どうしょう【道昭】
629‐700(舒明1‐文武4)
法相宗学僧で,道照とも書く。河内国丹比郡の生れ。俗姓は船連(ふなのむらじ)。653年(白雉4)入唐(につとう)学問僧として遣唐使にしたがい唐にわたる。玄奘(げんじよう)を師として業をうけた。玄奘からとくに愛され,同房に住み,禅を習い,悟るところが多かった。661年(斉明7)帰朝にあたり,玄奘所持の舎利・経論を授けられている。翌年,飛鳥の法興寺の南東隅に禅院を建て,天下僧徒に禅を教えた。のち,各地を周遊して,路傍に井をうがち,津のわたりに船をもうけ,橋を造った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

どうしょう【道昭】
629~700 飛鳥時代の法相宗の僧。河内の人。653年入唐し、玄奘に師事。660年帰国し、初めて法相宗を広め、また社会事業を行なった。死後、火葬にされた(日本における火葬の始まりという)。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

道昭
どうしょう
(629―700)
飛鳥時代に入唐(にっとう)して法相(ほっそう)宗を伝えた僧。道照とも記す。俗姓は船氏。河内(かわち)国(大阪府)丹比(たじひ)郡の人。出家して元興寺(がんごうじ)に住し、653年(白雉4)五月に入唐して長安に至り、大慈恩(だいじおん)寺の玄奘(げんじょう)に師事して唯識(ゆいしき)を学ぶ。また相州隆化(りゅうけ)寺の慧満(えまん)(生没年不詳)より禅を習学した。在唐8年にして660年(斉明天皇6)に帰国し、玄奘訳の経論や禅籍を将来し、元興寺境内に禅院を建立して、それらを安置した。法相唯識学を宣揚するとともに、禅観を修した。法相宗の初伝とされる。また十余年にわたり社会福祉事業を積極的に行い、698年(文武天皇2)11月には大僧都(だいそうず)に任命された。日本における大僧都補任(ぶにん)の初例である。文武(もんむ)天皇4年3月10日禅院において入寂。遺命により火葬に付され、日本における火葬の初めとされる。弟子に行基(ぎょうき)らがある。[伊藤隆寿]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どうしょう ダウセウ【道昭】
飛鳥時代の法相宗の僧。河内国(大阪府)の人。元興寺に住する。白雉四年(六五三)入唐、玄奘に法相唯識を学び、また慧満から禅を受け、斉明天皇七年(六六一)帰国、初めて法相宗を広めた。のち諸国を巡り、民衆の生活向上に尽くした。明天皇元~文武天皇四年(六二九‐七〇〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

道昭
どうしょう
629〜700
7世紀後期の法相宗の僧
河内(大阪府)の人。行基の師。653年に入唐し,玄奘三蔵に師事した。在唐8年で帰国。元興寺に住し唯識学を講じ,日本法相宗の開祖となった。死後遺言により,遺体を火葬にしたが,これが日本における火葬のはじめといわれる。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道昭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

道昭の関連情報

関連キーワード

クロタール2世クロタール[2世]ピピン[1世]舒明天皇ダゴベルト1世ダゴベルト(1世)ルマン24時間玄奘舒明天皇大唐西域記

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.